2017年の国内IoTセキュリティ市場は624億円、2022年には2倍に拡大(IDC Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.21(日)

2017年の国内IoTセキュリティ市場は624億円、2022年には2倍に拡大(IDC Japan)

IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場の2018年~2022年の予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
国内IoTセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2016年~2022年
国内IoTセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2016年~2022年 全 1 枚 拡大写真
IDC Japan株式会社は12月4日、国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場の2018年~2022年の予測を発表した。同社ではIoTを「IP接続による通信を、人の介在なしにローカルまたはグローバルに行うことができる識別可能なエッジデバイスからなるネットワークであり、法人・政府・個人といったさまざまなユーザが利用するユビキタスなネットワーク環境に対して、管理・監視・分析といった多様な付加価値を提供するもの」と定義している。

IoTセキュリティ製品市場は、IoT環境へのセキュリティ製品を対象としており、「デバイス・センサーセキュリティ」「ネットワーク・エッジセキュリティ」「セキュリティアナリティクス・イネーブルインフラストラクチャ」「IoT物理セキュリティ・セーフティ」の4つの機能セグメントに分類し、市場規模算出・市場予測を行っている。

国内IoTセキュリティ製品市場は、2017年の市場規模は前年比20.5%増の624億円となり、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は14.4%、2022年には1,221億円と2017年の2倍ほどに拡大するとIDCでは予測している。もっとも構成比が高いIoT物理セキュリティ・セーフティ市場は、2017年~2022年のCAGRが13.5%で、市場規模は2017年の437億円から、2022年には825億円になると予測している。

IoTセキュリティの重要な要素となるデバイス・センサーセキュリティ市場は、2017年~2022年のCAGRが17.0%と、4つの機能セグメントではもっとも高く、市場規模は2017年の84億円から2022年には183億円に拡大すると予測。ネットワーク・エッジセキュリティ市場は、2017年~2022年のCAGRが16.4%、市場規模は2017年の45億円から2022年には96億円に拡大すると予測している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

  2. OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

  3. 疑問その7「CASBベンダ統廃合の過去、そして未来」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その7「CASBベンダ統廃合の過去、そして未来」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  4. 伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

    伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

  5. 新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

    新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

  6. CrowdStrike Blog:AutoMacTC - Macのフォレンジックトリアージ自動化ツール公開

    CrowdStrike Blog:AutoMacTC - Macのフォレンジックトリアージ自動化ツール公開

  7. Broadcom製Wi-Fiチップセット用ドライバに複数の脆弱性(JVN)

    Broadcom製Wi-Fiチップセット用ドライバに複数の脆弱性(JVN)

  8. 「日本語教員養成課程」の希望者230名の個人情報を紛失(常葉大学)

    「日本語教員養成課程」の希望者230名の個人情報を紛失(常葉大学)

  9. 個人のマルウェア感染率は企業の二倍、半数以上が1年以内に再感染(ウェブルート)

    個人のマルウェア感染率は企業の二倍、半数以上が1年以内に再感染(ウェブルート)

  10. さいたま市立学校の「携帯・インターネット安全教室」に講師を派遣(トレンドマイクロ)

    さいたま市立学校の「携帯・インターネット安全教室」に講師を派遣(トレンドマイクロ)

ランキングをもっと見る