2017年の国内IoTセキュリティ市場は624億円、2022年には2倍に拡大(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2020.07.13(月)

2017年の国内IoTセキュリティ市場は624億円、2022年には2倍に拡大(IDC Japan)

IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場の2018年~2022年の予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
国内IoTセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2016年~2022年
国内IoTセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2016年~2022年 全 1 枚 拡大写真
IDC Japan株式会社は12月4日、国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場の2018年~2022年の予測を発表した。同社ではIoTを「IP接続による通信を、人の介在なしにローカルまたはグローバルに行うことができる識別可能なエッジデバイスからなるネットワークであり、法人・政府・個人といったさまざまなユーザが利用するユビキタスなネットワーク環境に対して、管理・監視・分析といった多様な付加価値を提供するもの」と定義している。

IoTセキュリティ製品市場は、IoT環境へのセキュリティ製品を対象としており、「デバイス・センサーセキュリティ」「ネットワーク・エッジセキュリティ」「セキュリティアナリティクス・イネーブルインフラストラクチャ」「IoT物理セキュリティ・セーフティ」の4つの機能セグメントに分類し、市場規模算出・市場予測を行っている。

国内IoTセキュリティ製品市場は、2017年の市場規模は前年比20.5%増の624億円となり、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は14.4%、2022年には1,221億円と2017年の2倍ほどに拡大するとIDCでは予測している。もっとも構成比が高いIoT物理セキュリティ・セーフティ市場は、2017年~2022年のCAGRが13.5%で、市場規模は2017年の437億円から、2022年には825億円になると予測している。

IoTセキュリティの重要な要素となるデバイス・センサーセキュリティ市場は、2017年~2022年のCAGRが17.0%と、4つの機能セグメントではもっとも高く、市場規模は2017年の84億円から2022年には183億円に拡大すると予測。ネットワーク・エッジセキュリティ市場は、2017年~2022年のCAGRが16.4%、市場規模は2017年の45億円から2022年には96億円に拡大すると予測している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. なぜハードディスクは消えたのか、これからもまた消えるのか

    なぜハードディスクは消えたのか、これからもまた消えるのか

  2. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  3. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  4. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  7. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  8. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  9. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

  10. スマート工場に複数の攻撃経路、トレンドマイクロとミラノ工科大学の共同実証実験考察

    スマート工場に複数の攻撃経路、トレンドマイクロとミラノ工科大学の共同実証実験考察

ランキングをもっと見る