誤送信で居宅介護支援事業所256社のアドレスが流出(福岡市保健福祉局精神保健福祉センター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.24(水)

誤送信で居宅介護支援事業所256社のアドレスが流出(福岡市保健福祉局精神保健福祉センター)

福岡市保健福祉局精神保健福祉センターは11月29日、誤送信によるメールアドレスの流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
福岡市保健福祉局精神保健福祉センターは11月29日、誤送信によるメールアドレスの流出が発生したと発表した。

これは11月29日10時57分頃に、担当者が居宅介護支援事業所256社に対して研修案内を送信した際、本来BCCにアドレス入力して送信すべきところ、誤ってTOに入力して送信したため、他の受信者のメールアドレスが表示された状態になったというもの。

流出したのは、福岡市からの連絡用として居宅介護支援事業所が任意で提出したメールアドレスの内256社分で、その一部に個人で使用しているアドレス(個人情報)が含まれている可能性がある。

同センターでは、アドレス流出の対象となる256社に対してメールにて謝罪と受信メールの削除依頼を行った。

今後は複数のアドレス宛にメール送信する際、送信前に必ず複数の職員で確認しBCC送信を徹底するとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

  2. 脆弱性診断の 8 割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

    脆弱性診断の 8 割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

  3. 小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

    小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

  5. 6,123人の個人情報が記録された選挙人名簿照合用USBメモリを紛失(相模原市)

    6,123人の個人情報が記録された選挙人名簿照合用USBメモリを紛失(相模原市)

  6. サプライチェーンの責任範囲、「専門知識・スキル不足」で明確にできず(IPA)

    サプライチェーンの責任範囲、「専門知識・スキル不足」で明確にできず(IPA)

  7. OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

  8. Verizon製ルータの脆弱性発見(Tenable Network Security Japan)

    Verizon製ルータの脆弱性発見(Tenable Network Security Japan)

  9. 伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

    伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

  10. 新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

    新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

ランキングをもっと見る