【Scan PREMIUM 記事配信予告】あの男が帰ってくる! ~ 翼の折れたペネトレーションテスター | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

【Scan PREMIUM 記事配信予告】あの男が帰ってくる! ~ 翼の折れたペネトレーションテスター

2018 年師走、あの男が帰ってきました。白いタキシードが似合う筋肉系ペネトレーションテスター、株式会社キーコネクト 代表取締役 利根川 義英 氏です。

おしらせ 編集部からのおしらせ
 2017 年 3 月、本誌連載「ペネトレーションテスターは見た!」で颯爽と夕陽に輝く砂浜に降り立ち、第 1 回配信「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」、そして第 2 回「誰が困る? 脆弱性出すぎ問題」と、次々と高密度記事を配信し、2017 年 3 ~ 6 月期の閲覧数ランキング上位を独占した直後、突然本誌誌面から姿を消した…

 2018 年師走、あの男が帰ってきました。白いタキシードが似合う筋肉系ペネトレーションテスター 株式会社キーコネクト 代表取締役 利根川 義英 氏です。

ペネトレーションテスター on サンセットビーチ(筆者近影)

 「突然連載が一年間以上中断したのは、単に事業が好調で社長業が忙しくなったからだけが理由ではなかったのです」

 利根川氏は本誌編集部に、ダンベルを持った手を力なくたらして、そう語りました。その話によれば…

 まさに翼の折れたペネトレーションテスター。

 涙なくして語れないその謎は 12 月 19 日 (水) 配信予定の記事で明らかになります。編集部からはただ「敗戦から学ぶものが真の勇者である」という古い格言だけを添えておきます。

 どうぞご期待下さい。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  5. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  8. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る