「Adobe Reader」「Acrobat」アップデート、複数の脆弱性に対応(JPCERT/CC、IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.23(土)

「Adobe Reader」「Acrobat」アップデート、複数の脆弱性に対応(JPCERT/CC、IPA)

JPCERT/CCは、「Adobe Reader および Acrobat の脆弱性(APSB18-41)に関する注意喚起」を発表した。IPAも、「Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB18-41)(CVE-2018-15998等)」を発表している。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月12日、「Adobe Reader および Acrobat の脆弱性(APSB18-41)に関する注意喚起」を発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)も、「Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB18-41)(CVE-2018-15998等)」を発表している。これはアドビ社の発表を受けたもの。

対象となるのは、Windows版の「Acrobat Reader DC Continuous(2019.008.20081)およびそれ以前」「Acrobat Reader 2017 Classic 2017(2017.011.30106)およびそれ以前」「Acrobat Reader DC Classic 2015(2015.006.30457)およびそれ以前」「Acrobat DC Continuous(2019.008.20081)およびそれ以前」「Acrobat 2017 Classic 2017(2017.011.30106)およびそれ以前」「Acrobat DC Classic 2015(2015.006.30457)およびそれ以前」。

macOS版の「Acrobat Reader DC Continuous(2019.008.20080)およびそれ以前」「Acrobat Reader 2017 Classic 2017(2017.011.30105)およびそれ以前」「Acrobat Reader DC Classic 2015(2015.006.30456)およびそれ以前」「Acrobat DC Continuous(2019.008.20080)およびそれ以前」「Acrobat 2017 Classic 2017(2017.011.30105)およびそれ以前」「Acrobat DC Classic 2015(2015.006.30456)およびそれ以前」。

該当バージョンのAdobe ReaderおよびAcrobatには複数の脆弱性が存在し、これらの脆弱性を悪用したコンテンツをユーザが開いた場合、任意のコードが実行されたり、情報が搾取されたりするなどの可能性がある。アドビは脆弱性のプライオリティを「2」としており、「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」として、修正プログラムを至急適用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

    不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

  2. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

    予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

  3. 疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  4. 中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

    中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

  5. x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

    x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

  6. 「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を2年4カ月ぶりに改訂(IPA)

    「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を2年4カ月ぶりに改訂(IPA)

  7. iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

    iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

  8. 不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

    不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

  9. ニュージーランド乱射事件犯人、同程度の時間かけ SNS 拡散を準備 ~ ソーシャルメディアが作った世界

    ニュージーランド乱射事件犯人、同程度の時間かけ SNS 拡散を準備 ~ ソーシャルメディアが作った世界

  10. お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

    お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

ランキングをもっと見る