脅威はランサムウェアからクリプトジャッキングへ移行--2019年の脅威予測(ウェブルート) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.16(水)

脅威はランサムウェアからクリプトジャッキングへ移行--2019年の脅威予測(ウェブルート)

ウェブルートは、「2019年セキュリティ脅威動向予測」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
ウェブルート株式会社は12月14日、「2019年セキュリティ脅威動向予測」を発表した。2018年は、サイバー攻撃や脅威に関する事件が多く発生し、大手IT企業から航空会社まで被害が相次いだ一方で、個人のPCやデバイスを標的としたクリプトジャッキング詐欺も世界各地で発生したとしている。

同社では2019年の脅威・トレンドの予測として、「生体認証システムの増加」「IoT機器/接続デバイス認証団体の発足」「無料Wi-Fiの需要増加」「標的型攻撃の広がり」「ゼロデイ攻撃の減少」「ランサムウェアからクリプトジャッキングへ」の6点を挙げている。

標的型攻撃については、より高い精度でターゲティングされる可能性を指摘している。2018年、ランサムウェアはクリプトジャッキングやバンキング型トロイの木馬と比較し、存在感が希薄であったが、Dridexグループの事例のように、標的を絞った計画的なサイバー攻撃が今後も発生する。クリプトジャッキングとランサムウェアの割合は仮想通貨の価格により変動が予測されるものの、クリプトジャッキングの収益モデルは今後も利用を継続するとみている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

    アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

  2. セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

    セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

  3. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

  5. 2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

    2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

  6. スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

    スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

  7. フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

    フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

  8. 国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

    国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

  9. 国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

    国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

  10. オムロンの「CX-One」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    オムロンの「CX-One」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る