EUと同等の十分性認定、2019年1月の見通し(個人情報保護委員会) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

EUと同等の十分性認定、2019年1月の見通し(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会は、「日欧の個人データ移転に係る相互認証の時期について」を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
個人情報保護委員会は12月26日、「日欧の個人データ移転に係る相互認証の時期について」を発表した。これは、欧州委員会が12月4日に開催したEDPB(欧州データ保護会議)において、日本の十分性認定案を歓迎する意見を採択したというもの。欧州委員会は事務手続きを経て、2019年1月中に最終決定されるとしている。

最終決定されると、日本が十分性の認定を受け、GDPR(EU一般データ保護規則)におけるデータの域外移転において、移転先のデータ保護措置がEUと同等に十分なレベルであると認められることになる。十分性が認定されていない国に域外移転する場合には、管理者・処理者間でBCR(拘束的企業準則:Binding Corporate Rules)、SDPC(標準契約:Standard Data Protection Clause)または監督機関により承認された契約を締結する必要があるが、これらが不要となり、GDPRへの対応が比較的容易になる。

ただし、十分性認定を受けたとしても、データに対する保護措置は変わらず、データ処理に関する舷側の遵守や、同意の条件を行わなかった場合、データ移転の条件に従わなかった場合、特別カテゴリーの個人データ処理の条件を遵守しなかった場合などは、その企業の全世界における年間売上高の4%以下、または2000万ユーロ以下のいずれか高い方の罰金が科せられる可能性がある。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  2. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  3. 株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

    株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

  4. ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

    ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

  5. 東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

    東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

  6. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

  7. コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

    コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

  8. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

  9. 発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

    発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

  10. オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

    オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

ランキングをもっと見る