「なりすまし」による不正ログインで第三者に顧客情報が閲覧された可能性(ディノス・セシール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.16(土)

「なりすまし」による不正ログインで第三者に顧客情報が閲覧された可能性(ディノス・セシール)

株式会社ディノス・セシールは2月6日、同社が運営する通販サイト「セシールオンラインショップ」にて「なりすまし」による不正アクセスが発生し、第三者に顧客情報が閲覧された可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公式サイト
公式サイト 全 2 枚 拡大写真
株式会社ディノス・セシールは2月6日、同社が運営する通販サイト「セシールオンラインショップ」にて「なりすまし」による不正アクセスが発生し、第三者に顧客情報が閲覧された可能性が判明したと発表した。

これは1月30日に、同サイトに対し国内の同一IPアドレスから第三者が外部で不正に取得したものと推測されるID(メールアドレス)とパスワードを使用し18回にわたる「なりすまし」による不正アクセスが行われたというもの。

そのうち1件が実際に不正ログインされ、1名分の顧客情報(氏名、会員ランク、保有ポイント数、お客様番号、性別、生年月日、メールアドレス、確認メール受信設定、特典案内メール受信設定)が第三者に閲覧された可能性がある。なお、これらの情報がファイルとして出力、転送及びダウンロード等外部に流出していないことは確認済み。

またログインが失敗した17件のIDのうち1件が、同サイト登録のお客様IDと一致したことも判明した。

同社では2018年6月6日にも、新規顧客登録申請時の二重登録防止機能を悪用したリストの「スクリーニング」による不正ログインが行われ、顧客情報が第三者に閲覧された可能性があったことを発表していた。

既に同社では、特定IPアドレスからのアクセスもブロックし、不正ログインされたお客様IDに対してログインできないよう対応済みで、不正ログインの対象となった顧客に対して本件状況を連絡した。

同社では今後、さらなるセキュリティレベルの向上策を検討しオンラインショップの信頼性向上に努める。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

    マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

  2. 禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

    禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

  3. Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

    Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

  4. 量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

    量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

  5. 複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

    複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

  6. チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

    チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

  7. CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

    CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

  8. 月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

    月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

  9. アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  10. Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

    Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

ランキングをもっと見る