団体登録更新手続き再確認メールを誤送信、149件のアドレスが流出(横浜市) | ScanNetSecurity
2020.03.30(月)

団体登録更新手続き再確認メールを誤送信、149件のアドレスが流出(横浜市)

横浜市は2月5日、同市なか区民活動センターの職員がメールを送信した際に、宛先が表示された状態で送信したためにメールアドレスが流出したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
横浜市は2月5日、同市なか区民活動センターの職員がメールを送信した際に、宛先が表示された状態で送信したためにメールアドレスが流出したと発表した。

これは2月2日午前10時58分から11時18分にかけて、同センターに登録している団体の連絡担当者宛に団体登録更新手続き再確認メールを送信したところ、同日午後2時頃に送信した職員がアドレスを宛先「TO」に入力したことに気付き、午後3時2分から3時25分にかけて謝罪と削除依頼のメールをBCC送信したというもの。

流出したのは、同市なか区民活動センターに登録している団体の連絡先メールアドレス149件で、ホームページ等に公表されているアドレス60件も含まれる。

当該担当者はメールアドレス自体のチェックに集中してしまい、他の職員による宛先の確認を怠ったことが原因。

同センターでは今後、メールを送信の際に作業内容に誤りがないか複数の職員で確認することを再徹底し再発を防ぐ。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

    脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

  2. リモートワークで社外に出ると失われる「3つの防御壁」とは?

    リモートワークで社外に出ると失われる「3つの防御壁」とは?PR

  3. 機械学習アルゴリズムに脆弱性(JVN)

    機械学習アルゴリズムに脆弱性(JVN)

  4. 新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

    新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

  5. 「Apache Tomcat」の脆弱性を確認するアクセスが増加(警察庁)

    「Apache Tomcat」の脆弱性を確認するアクセスが増加(警察庁)

  6. CISO に求める役割ベスト3とこれから求める役割(IPA)

    CISO に求める役割ベスト3とこれから求める役割(IPA)

  7. 「Xbox Series X」使用予定のソースコードが盗まれる(AMD)

    「Xbox Series X」使用予定のソースコードが盗まれる(AMD)

  8. 成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

    成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

  9. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  10. アンケート回答で1万円、Amazon騙るフィッシングメール(フィッシング対策協議会)

    アンケート回答で1万円、Amazon騙るフィッシングメール(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る