[おしらせ] 人気連載執筆者のご自宅玄関、扉の奥へ | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

[おしらせ] 人気連載執筆者のご自宅玄関、扉の奥へ

このたび ScanNetSecurity 編集部は多用のため〆切に遅れがちな寄稿者からのスムースな原稿入稿のために「ノリスケ方式」を採用したことを公表いたします。

おしらせ 編集部からのおしらせ
ようやく執筆に着手したG.Y.先生
ようやく執筆に着手したG.Y.先生 全 3 枚 拡大写真
 このたび ScanNetSecurity 編集部は多用のため〆切に遅れがちな寄稿者からのスムースな原稿入稿のために「ノリスケ方式」を採用したことを公表いたします。

 ノリスケ方式とは、セキュリティ関連の認証事業などを行うノルウェーの国際的第三者認証機関 デット ノルスケ ベリタスの手順に基づく編集プロセス管理・・・ではなく、長谷川町子原作「サザエさん」に、出版社に勤務する編集者として登場する波野ノリスケ氏が行う、作家の自宅を訪問し、隣家の磯野家の冷蔵庫をあさる執筆の支援を行う、ネットでも何かと話題の方法です。

 もともと本誌 ScanNetSecurity は、企業や団体で重要な職務を担っている方を選んで寄稿をお願いするため、業務の都合によって連載が滞りがちでした。どうすれば書いていただけるのか、編集部一同さまざまな試行錯誤を繰り返した結果が、今回のノリスケ方式だったのです。

 ノリスケ方式の最初の犠牲事例となったのは、本誌某人気連載を担当するG.Y.先生です(ご本人の名誉のために特に名前を秘します)。

 2018年末の打ち合わせ時に、うっかり「誰か家に来てプレッシャーでもかけてくれれば書けるかもしれないなあ」などと、のんきにG.Y.先生がもらした一言を担当編集者が聞き逃さなかったため、ノリスケ方式第一回目のテストケースとなりました。

 最初は通報しようとした少しとまどっていたG.Y.先生でしたが、執筆開始まで帰らない固い決意にあきらめてご理解いただき、一年以上ぶりの執筆再開をしていただくことができました。

 G.Y.先生の原稿は来週掲載予定です。どうぞご期待下さい!

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 保健所職員が資料を個人用端末で写真撮影、フィッシング詐欺に遭い閲覧された可能性

    保健所職員が資料を個人用端末で写真撮影、フィッシング詐欺に遭い閲覧された可能性

  2. 入学選抜に係わる情報をTeams内に誤って格納、生徒14名がアクセス

    入学選抜に係わる情報をTeams内に誤って格納、生徒14名がアクセス

  3. JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

    JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

  4. 住和港運へのランサムウェア攻撃、サーバ内のデータが暗号化され使用できず

    住和港運へのランサムウェア攻撃、サーバ内のデータが暗号化され使用できず

  5. Twilioに高度なソーシャルエンジニアリング攻撃、一部顧客アカウント情報が漏えい

    Twilioに高度なソーシャルエンジニアリング攻撃、一部顧客アカウント情報が漏えい

  6. 社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

    社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

  7. マイクロソフトが8月のセキュリティ情報公開、MSDT のリモートでコードが実行される脆弱性は悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが8月のセキュリティ情報公開、MSDT のリモートでコードが実行される脆弱性は悪用の事実を確認済み

  8. 「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

    「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

  9. Adobe AcrobatおよびReaderに脆弱性

    Adobe AcrobatおよびReaderに脆弱性

  10. GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

    GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

ランキングをもっと見る