今年で 19 回目、韓国のセキュリティ展示会 SECON 2019 開催 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.17(月)

今年で 19 回目、韓国のセキュリティ展示会 SECON 2019 開催

3 月 6 日から 8 日まで、アジア最大規模の総合セキュリティ展「SECON 2019」が韓国 ソウル市で開催される。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
SECON 2018 の来場者分析
SECON 2018 の来場者分析 全 4 枚 拡大写真
3 月 6 日から 8 日まで、アジア最大規模の総合セキュリティ展「SECON 2019」が韓国 ソウル市で開催される。15 カ国 500 以上の出展企業が集まり、ITセキュリティ、情報セキュリティ、IoTセキュリティ、ホームセキュリティ、スマートシティソリューション、ビデオ監視、アクセス制御、治安維持、高度道路交通システム等々、幅広くセキュリティ産業全般の製品およびソリューションが展示される他、専門家や研究者による講演も行われる。

SECON は今年で開催 19 回目。2001 年から、セキュリティメディア Boannews (保安ニュース)や韓国 KISA などによる委員会によって主催され、現在は Black Hat USA などの専門国際会議の実績を持つ、英 UBM 社が運営を行う。

昨年の SECON 2018 は、12 カ国 433 社の出展企業が集まり、15 カ国 46,324 人の来場者があった。

3月7日に開催され、韓国語から英語への同時通訳も提供される「Security World Conference」の主要セッションは下記の通り。

・インテリジェントな物理セキュリティの長所と短所
・済州島のスマートアイランド事例
・2022 年 FIFA ワールドカップ カタール大会のセキュリティ戦略
・インテリジェントビデオ分析
・AI とビッグデータを活用した第 4 次産業革命の中核となる DMS
・空港セキュリティと利便性
・CCTV 監視セキュリティのすべて

会場は、ソウル中心部から地下鉄で 1 時間弱の一山(イルサン)にある大型国際会議場 KINTEX(Korea INTernational EXhibition Center)。入場無料、オンライン事前登録は 3 月 5 日迄。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  3. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

  6. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  7. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  8. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  9. EDR、MDRサービスの利用が堅調に拡大--実態調査(IDC Japan)

    EDR、MDRサービスの利用が堅調に拡大--実態調査(IDC Japan)

  10. 1兆円突破、2017年度情報セキュリティ市場(JNSA)

    1兆円突破、2017年度情報セキュリティ市場(JNSA)

ランキングをもっと見る