はんだ付け製品販売サイトへ不正アクセス、情報流出したアドレスへの迷惑メールも確認(白光) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.17(水)

はんだ付け製品販売サイトへ不正アクセス、情報流出したアドレスへの迷惑メールも確認(白光)

はんだ付け製品を販売する白光株式会社は3月28日、同社のe-shopサイト内にて外部からの不正アクセスがあり顧客情報が流出した可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ(不正アクセスによるお客様情報流出に関するお知らせとお詫び)
トップページ(不正アクセスによるお客様情報流出に関するお知らせとお詫び) 全 3 枚 拡大写真
はんだ付け製品を販売する白光株式会社は3月28日、同社のe-shopサイト内にて外部からの不正アクセスがあり顧客情報が流出した可能性が判明したと発表した。

これは3月20日に、ユーザーからWebサーバに個人情報の含まれたファイルが設置されていることをWeb検索で発見した旨の連絡があり判明したというもので、同社では直ちに該当するファイルと関連ファイルを削除し、検索サイトや海外のアーカイブサイトへの削除依頼を実施し、現在は閲覧できない状態となっている。

流出の可能性があるのは、2019年3月9日以前にe-shopサイトにユーザー登録した顧客9,793名で、氏名、住所、電話番号、生年月日、企業名、メールアドレス、ユーザーID、パスワードが第三者に閲覧またはダウンロードされた可能性がある。なお、カード情報は同社サーバ上で保管しておらず流出情報には含まれない。

またe-shop以外の同社ユーザー登録のあるWebサイト(Document Portal、3年保証制度、校正時期お知らせサービス、ソルダリングスクール、お問い合わせ等)からの情報流出はない。

現在までに、顧客より迷惑メールが届いた旨の連絡が報告されており、同社では不審なメールや電話に注意するよう呼びかけている。

同社では既に、脆弱性の修正をはじめWAFやIDSの設置といった緊急措置を実施したが、万全を期すため同サイトをしばらく閉鎖し2019年8月初旬に新サイトのオープンを目指す。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

    華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

  2. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

  3. 仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  4. 複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

    複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

  5. Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

    Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

  6. キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

    キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

  7. グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

    グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

  8. 犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

    犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

  9. 「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

    「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

  10. 無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

    無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

ランキングをもっと見る