マネージド型 クラウド型セキュリティサービス市場規模、CASB 急伸(ミック経済研究所) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

マネージド型 クラウド型セキュリティサービス市場規模、CASB 急伸(ミック経済研究所)

ミック経済研究所は、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2019」を発刊したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マネージド型・クラウド型サービスの市場推移
マネージド型・クラウド型サービスの市場推移 全 2 枚 拡大写真
株式会社ミック経済研究所は4月8日、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2019」を発刊したと発表した。価格は190,000円(税別)。今回、調査を実施した13分野の市場規模は、2017年度が1,038.3億円、2018年度が前年対比118.8%の1,233.1億円であった。2019年度は前年対比119.7%の1,476.4億円と拡大が続くと予測している。

サービスカテゴリ別での2018年度売上構成トップは、「セキュリティ監視・運用サービス」で、2018年度は前年対比117.2%の577.3億円、46.8%のウエイトを占めた。同カテゴリは近年、サイバー攻撃の多様化・高度化によってその検知、解析も非常に高度な専門性を要するものとなっており利用が拡大している。さらに、EDRなどの新たなセキュリティ製品を対象とした監視・運用サービスを提供するベンダも増えており、今後も市場は好調に推移すると見込んでいる。

また、2018年度に前年比80.5%と急激な成長を遂げているのが「CASB(Cloud Access Security Broker)サービス」であった。CASBは、従業員のクラウドサービス利用を把握しコントロールするもので、企業でのクラウドサービス利用の拡大を受けて、そのセキュリティ対策として認知が高まり、大手企業を中心に導入が進んでいる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  5. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  6. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  7. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  8. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

  9. 外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

    外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

  10. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

ランキングをもっと見る