DDoS攻撃の発生件数が増加、複合プロトコル攻撃の増加も顕著(CDNetworks) | ScanNetSecurity
2020.03.31(火)

DDoS攻撃の発生件数が増加、複合プロトコル攻撃の増加も顕著(CDNetworks)

CDNetworksは、2018年のDDoS攻撃の対応状況をまとめ、分析したセキュリティレポート「2018年度 DDoS攻撃の動向と今後の見通し」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
「2018年度 DDoS攻撃の動向と今後の見通し」
「2018年度 DDoS攻撃の動向と今後の見通し」 全 1 枚 拡大写真
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(CDNetworks)は4月11日、2018年のDDoS攻撃の対応状況をまとめ、分析したセキュリティレポート「2018年度 DDoS攻撃の動向と今後の見通し」を発表した。同レポートは、同社のDDoS防御対策サービス「クラウド・セキュリティ DDoS」の利用ユーザを対象に収集したDDoS攻撃パターンとトレンドを分析したもの。

レポートでは海外トレンドとして「GDPR(EU一般データ保護規則)が2018年5月25日に施行」「PCI DSS 3.2.1をリリース」「OWASP IoTプロジェクト2018をリリース」「MIRAIボットネットの新たな変種の登場」を挙げ、それぞれの分析を行っている。

2018年度のDDoS攻撃動向では、HadoopなどのBigdata処理システムがDDoSに悪用される事例、ビットコイン採掘ゾンビPCによる攻撃、WordPress CMS APIを利用したXML-RPCプロトコルを通じた攻撃などが発生した。また、UPnPプロキシ基盤で動作するDDoSボットネットが新たに登場し、メモリキャッシュを悪用した攻撃も増加している。

2019年のDDoS攻撃のトレンド予測では、「IoT装備を悪用した大規模トラフィック攻撃」「悪性コードをサービス形態で提供」「脆弱性のあるアプリケーションに対する攻撃が続く」を挙げている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  2. 脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

    脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

  3. 成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

    成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

  4. 機械学習アルゴリズムに脆弱性(JVN)

    機械学習アルゴリズムに脆弱性(JVN)

  5. 「Apache Tomcat」の脆弱性を確認するアクセスが増加(警察庁)

    「Apache Tomcat」の脆弱性を確認するアクセスが増加(警察庁)

  6. ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

    ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

  7. 新型コロナ対策で増加するリモートワークで重要な6つの要素(クラウドストライク)

    新型コロナ対策で増加するリモートワークで重要な6つの要素(クラウドストライク)

  8. CISO に求める役割ベスト3とこれから求める役割(IPA)

    CISO に求める役割ベスト3とこれから求める役割(IPA)

  9. GitHubの設定ミスが原因、取引先情報が外部から閲覧可能に(道新サービスセンター)

    GitHubの設定ミスが原因、取引先情報が外部から閲覧可能に(道新サービスセンター)

  10. プリンセス・クルーズのメールに不正アクセス、顧客情報流出可能性(カーニバル・ジャパン)

    プリンセス・クルーズのメールに不正アクセス、顧客情報流出可能性(カーニバル・ジャパン)

ランキングをもっと見る