CrowdStrike Blog:CrowdStrikeが2019年版「Forrester Wave Cybersecurity Incident Response Services」レポートで「リーダー」に選出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.22(月)

CrowdStrike Blog:CrowdStrikeが2019年版「Forrester Wave Cybersecurity Incident Response Services」レポートで「リーダー」に選出

CrowdStrike は、権威ある 「Forrester Wave:Cybersecurity Incident Response Services Q1 2019」 レポートにおいて、「リーダー」に選出されました。業界のリーダーとして評価を受けたことは、新たな基準を確立し、成果を上げてきたことのさらなる証明となるものです。

国際 海外情報
「CrowdStrike は脅威インテリジェンス、エンドポイント保護、インシデントレスポンスの 3 つのサービスを柱とする世界的企業であり、これら 3 つの柱は互いに情報を提供するだけでなく、補強しあっている」
- The Forrester Wave:Cybersecurity Incident Response Services, Q1 2019


 この度、CrowdStrike は、権威ある 「Forrester Wave:Cybersecurity Incident Response Services Q1 2019」 レポートにおいて、「リーダー」に選出されました。業界のリーダーとして評価を受けたことは、CrowdStrike がインシデントレスポンス(IR)とレジリエンシーサービスの新たな基準を確立し、成果を上げてきたことのさらなる証明となるものです。

Forrester による 11 項目の評価

 Forrester は、サイバーセキュリティ分野で IR サービスを提供する世界の優れたプロバイダー 15 社を対象に、11 項目の評価を実施しました。本レポートでは、各プロバイダーの評価を行い、セキュリティおよびリスク担当者がそれぞれのニーズに合った適切なソリューションプロバイダーを選択するのに役立つ、価値ある情報(インサイト)を提供しています。

 Forrester は本レポートで「インシデントへの対応をタイムリーに行うためには、事前の準備が極めて重要」であると述べています。私たちもまったく同じ考えです。本レポートの「インシデントへの事前準備におけるビジョン」の項目で最高スコア( 5.0 )を獲得したことは、CrowdStrike がこれを信条として取り組んでいることを証明するものと言えるでしょう。

CrowdStrike は全 6 項目のうち次の項目で最高スコアを獲得しました。

インシデントレスポンス、インシデント発生後の報告およびサポート(現在提供しているサービス)
インシデントへの事前準備におけるビジョン、IR リテイナーにおけるビジョン、タレントマネジメント(戦略)
インシデントへの事前準備に費やしている時間(市場プレゼンス)


IR に関する重要な質問

 「 Forrester Analytics 2018 」の調査によると、世界のセキュリティ担当責任者の半数が、過去 1 年間に 1 度以上、セキュリティ侵害を経験したと回答しています。セキュリティ侵害を完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、侵害に対して万全の準備をし、迅速に対応することが発生時に被害を最小限に抑える最善の方法です。

 Forrester Wave レポートでは、CrowdStrike が次の質問を通じて、サイバーセキュリティにおける IR 機能をいかに改善していくべきかについて、お客様の理解を促すことに注力していることが紹介されています。「セキュリティ侵害を受けているか? 計画は万全か? 攻撃に対する準備はできているか?」

 絶えず進化し、変化を続ける現在のサイバー環境において、積極的に事業を展開するビジネスリーダーは、1 つあるいは複数の攻撃者の標的とされることは避けられません。組織は、適切に計画を策定し、先を見据えた戦略を立て、専用のリソースを確保することで、セキュリティ侵害が発生した場合に迅速かつ効果的に対応する能力を備えることができます。

お客様への感謝

 Forrester Wave レポートでは、お客様から寄せられた肯定的な意見は、CrowdStrike のサイバーセキュリティ分野におけるインシデントレスポンスサービスがお客様の信頼を得ていることの証左であるとも書かれています。お客様には、変わらぬ信頼とご支持をいただき、感謝を申し上げます。お客様の安全を守ることが私たちの仕事です。CrowdStrike が創業したその日から、そしてこれからも、私たちの最優先課題であり続けます。

コアサービス同士で連携して侵害を阻止

 CrowdStrike のサービスを導入いただいた場合、私たちが数十年間にわたり、あらゆる主要業界で対応してきた何百件ものインシデント経験から得られた知見はもちろんのこと、CrowdStrike のサイバー脅威インテリジェンスCrowdStrike Falcon のエンドポイント保護、および Falcon Overwatch のマネージド脅威ハンティングの機能もご利用いただけます。

 CrowdStrike の次世代 IR の手法、業界をリードするエンドポイント保護技術、および統合された脅威インテリジェンスが一体となることで、優れた保護、可視性の向上、および復旧までの時間短縮を実現します。CrowdStrike はこの独自の方法によって、不正アクセスを迅速に阻止し、インシデントの発生を防止します。また、小規模な侵害が拡大することを未然に防ぎます。

 CrowdStrike は、プロアクティブなアドバイスおよび診断サービスも提供しております。これらのサービスにより、お客様は脅威を予測してネットワークの対策を進めることができるため、侵害発生の可能性を低減できます。

サービスの強力な融合

 今回、Forrester から評価をいただいたことで、CrowdStrike のサービス、技術、インテリジェンスの強力な組み合わせが証明されました。CrowdStrike は「The Forrester Wave:Endpoint Security Suites, Q2 2018」「The Forrester Wave:Endpoint Detection and Response, Q3 2018」「The Forrester Wave:Cybersecurity Incident Response Services, Q1 2019」において、リーダーに選出されています。The Forrester Wave の 3 つのレポートすべてでリーダーに選出されたのは、CrowdStrike だけです。CrowdStrike は、最も手ごわい攻撃者を打ち負かす、業界最高の次世代技術とサービスを生み出すことに、今後も尽力してまいります。

追加のリソース
・プレスリリースはこちらをご覧ください。

・ダウンロードはこちら:The Forrester Wave:Cybersecurity Incident Response Services, Q1 2019

・ダウンロードはこちら:The Forrester Wave:Endpoint Security Suites, Q2 2018

・CrowdStrike のインシデントレスポンス、侵害診断、脅威ハンティングのサービスに関する詳細は、CrowdStrike のサイバーセキュリティサービスに関するページをご覧になるか、Services@crowdstrike.com までメールにてお問い合わせください。

・CrowdStrike が提供する次世代エンドポイント保護に関する詳細は、Falconプラットフォームの製品ページをご覧ください。

・「2018 CrowdStrike Services Cyber Intrusion Casebook」をダウンロードして、実際のインシデントレスポンス(IR)調査についてご確認ください。お客様が準備を進める上で役立つ、攻撃に関する詳細情報と推奨事項も掲載しています。

・CrowdStrikeの次世代型AVをお試しください。Falcon Preventの無料トライアル版をすぐに試してみましょう。


*原文はCrowdStrike Blog サイト掲載 :Forrester Names CrowdStrike “Leader” in the 2019 Wave for Cybersecurity Incident Response Services

《Shawn Henry (CrowdStrike)》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

    経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

  2. 大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

    大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

  3. BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

    BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

  4. EDRの運用サービスに「Trend Micro Apex One」を追加(SBT、トレンドマイクロ)

    EDRの運用サービスに「Trend Micro Apex One」を追加(SBT、トレンドマイクロ)

  5. 圧着不十分で「口座振替のお知らせ」ハガキ内容漏えいの可能性(オガワエコノス)

    圧着不十分で「口座振替のお知らせ」ハガキ内容漏えいの可能性(オガワエコノス)

  6. 「やさしいドアWEBサイト」へ不正アクセス、サイトの一部が改ざん(コマニー)

    「やさしいドアWEBサイト」へ不正アクセス、サイトの一部が改ざん(コマニー)

  7. 市立図書館システム構築時のテスト用メールアカウントに不正アクセス(小松島市)

    市立図書館システム構築時のテスト用メールアカウントに不正アクセス(小松島市)

  8. WordPress用「Category Specific RSS feed Subscription」に脆弱性(JVN)

    WordPress用「Category Specific RSS feed Subscription」に脆弱性(JVN)

  9. 仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  10. 「Oracle Solaris」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Oracle Solaris」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る