2006年当時の学生81名の個人情報が閲覧可能な状態に(千葉大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

2006年当時の学生81名の個人情報が閲覧可能な状態に(千葉大学)

国立大学法人千葉大学は4月17日、同学教員が管理する学外からアクセス可能なWebサーバ上に、2006年当時に同学工学部にて開講された科目に関する学生の個人情報を削除しないまま保管していたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
国立大学法人千葉大学は4月17日、同学教員が管理する学外からアクセス可能なWebサーバ上に、2006年当時に同学工学部にて開講された科目に関する学生の個人情報を削除しないまま保管していたことが判明したと発表した。

これは2006年当時に同学工学部にて開講された1科目に関する学生81名の氏名、性別、学生証番号、所属、年次、入学年月日及びレポート提出状況等の個人情報が削除されないまま、学外から閲覧可能となっていたというもの。

現時点で、本件の個人情報が不正に使用された事実は確認されていない。

同学では発覚後に、当該webサーバをネットワークより隔離し、現在は閲覧不可能にしている。また、個人情報の該当者と特定できる学生に対して、書面により今回の経緯の説明と謝罪を行った。

同学では今後、個人情報を含む情報の管理を周知徹底し、職員に対する教育・指導に努め再発を防止するとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  3. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  4. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  5. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  6. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  7. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  8. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

  9. 優勝賞金100万円「Trend Micro CTF 2019」9月7日オンライン予選(トレンドマイクロ)

    優勝賞金100万円「Trend Micro CTF 2019」9月7日オンライン予選(トレンドマイクロ)

  10. 繁忙期のため管理不徹底「国民健康保険関係届」紛失(大阪市)

    繁忙期のため管理不徹底「国民健康保険関係届」紛失(大阪市)

ランキングをもっと見る