WordPress のプラグイン Social Warfare において遠隔のファイルを読み込み任意のコードを実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2019.12.12(木)

WordPress のプラグイン Social Warfare において遠隔のファイルを読み込み任意のコードを実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

WordPress のプラグインである Social Warfare において、読み込み先 URL の検証不備によって、遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
Social Warfare ( https://warfareplugins.com/ )
Social Warfare ( https://warfareplugins.com/ ) 全 1 枚 拡大写真
◆概要

 WordPress のプラグインである Social Warfare において、読み込み先 URL の検証不備によって、遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性が報告されています。攻撃者が脆弱性の悪用に成功した場合は、WordPress を稼働している Web サーバの権限で遠隔から任意のコードを実行されてしまいます。プラグインのアップデートなどにより対策してください。

◆分析者コメント

 当該脆弱性では脆弱性を悪用する際に wp-admin 配下のコンテンツを参照する必要がありますが、脆弱性の対象となるコンテンツを閲覧するために認証を必要としないため、攻撃が容易な脆弱性であると考えられます。当該脆弱性を悪用することで、容易に対象ホストへの侵入が可能となるため、攻撃者に狙われ易いと考えられる脆弱性です。WordPress を運用している場合は、当該プラグインの利用状況を確認し、アップデートなどにより早急に対策することを推奨します。

◆深刻度(CVSS)

[CVSS v3]
6.1
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2019-9978&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

[CVSS v2]
4.3
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v2-calculator?name=CVE-2019-9978&vector=(AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N)

◆影響を受けるソフトウェア

 Social Warfare のバージョン 3.5.3 未満が当該脆弱性の影響を受けると報告されています。

◆解説

 SNS に関連する統計情報を収集する WordPress のプラグインである Social Warfare に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。

《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  2. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  3. ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  5. 同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

    同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

  6. 従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

    従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

  7. Microsoft Windows の iphlpsvc.dll におけるファイル作成処理の不備に起因する任意のファイルが上書き可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows の iphlpsvc.dll におけるファイル作成処理の不備に起因する任意のファイルが上書き可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  8. 行員が顧客からの要請に応じて別の顧客の情報を漏えい(北洋銀行)

    行員が顧客からの要請に応じて別の顧客の情報を漏えい(北洋銀行)

  9. 「OpenSSL」に任意コード実行の脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

    「OpenSSL」に任意コード実行の脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

  10. 業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

    業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

ランキングをもっと見る