最終回:疑問その9「日商エレを苦しませたCASB導入案件とは」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問 | ScanNetSecurity
2019.12.13(金)

最終回:疑問その9「日商エレを苦しませたCASB導入案件とは」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

「○○社の案件は勉強になった…」

製品・サービス・業界動向 業界動向
今回の取材協力者:日商エレで最もクラウドセキュリティを知る3人の漢達
今回の取材協力者:日商エレで最もクラウドセキュリティを知る3人の漢達 全 1 枚 拡大写真
 

「○○社の案件は勉強になった…」

 長時間に及んだ本連載の取材の終盤頃、日商エレクトロニクス株式会社の坂口武生が、遠い目をしながらボソッとこんな言葉をつぶやきました。

「何かユニークな、クラウドセキュリティや CASB の導入事例はないか?」という取材班の問いに答えた言葉でした。

 なにより、この男から「勉強」などという殊勝な言葉が出たことに取材班は大いに驚きました。

 そもそも坂口はビジネスシーンなのに一人称が“俺”(しかも初対面でなのですから、坂口に「勉強になる」などと言わしめるほどの案件がもしこの世にあるとしたら、もはやそのクライアントは一人称が“俺”を通り越した“俺様”であるに違いないことでしょう。果たしてそんな無双企業は存在するのでしょうか。

 もちろんその企業への CASB 導入とその後の運用は成功させたそうです。しかし「まだ思い出にはなっていない」と坂口は編集部に打ち明けました。

 ひょっとしたらその案件は、導入が終了した今になっても、毎晩真夜中に汗びっしょりの坂口を漆黒の闇の中、寝床の上に飛び起きさせているのかもしれません。

 最終回の疑問その9では、本連載「最後の事件」として、日商エレで最もクラウドセキュリティを知る男をすら苦しませた、ある案件を紹介します。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《株式会社イメージズ・アンド・ワーズ 鳴海まや子》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

    業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

  2. ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  3. 同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

    同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

  4. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  5. 従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

    従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

  6. 「リクナビDMPフォロー」サービス利用企業へも指導(個人情報保護委員会)

    「リクナビDMPフォロー」サービス利用企業へも指導(個人情報保護委員会)

  7. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  8. 「OpenSSL」に任意コード実行の脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

    「OpenSSL」に任意コード実行の脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

  9. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  10. 業務を受託した病院からの個人情報持ち出し、新たに2病院が判明(インテック)

    業務を受託した病院からの個人情報持ち出し、新たに2病院が判明(インテック)

ランキングをもっと見る