Deep Security新バージョン、コンテナ対応を強化(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.22(日)

Deep Security新バージョン、コンテナ対応を強化(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、総合サーバセキュリティ対策製品の最新版「Trend Micro Deep Security(Deep Security)12.0」を6月19日より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
コンテナ間の脆弱性を悪用する不正な通信とDeep Security 12.0で提供する機能のイメージ
コンテナ間の脆弱性を悪用する不正な通信とDeep Security 12.0で提供する機能のイメージ 全 1 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は6月11日、総合サーバセキュリティ対策製品の最新版「Trend Micro Deep Security(Deep Security)12.0」を6月19日より提供開始すると発表した。参考標準価格は、1サーバあたり年額213,000円(税抜)。最新版では、仮想化技術「コンテナ」向けのセキュリティを強化した。コンテナは、OS上に他のプロセスとは隔離されたアプリケーション実行環境を構築する技術。

コンテナにより、アプリケーション開発を効率化できる一方で、コンテナを利用する際に設定不備があると、外部からコンテナ一覧の取得やログの取得、コンテナの起動、停止、新たなコンテナの作成など、さまざまなコマンドを実行されるリスクがある。Deep Securityでは、従来もコンテナ内の不正プログラム対策やIPS/IDSを提供していたが、新バージョンでは同一ホストOS上のコンテナ間で脆弱性を悪用する不正な通信があった場合も検知してブロックする。また、コンテナからホストOSへ不正な通信があった場合も検知する。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )とは何者か?

    CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )とは何者か?

  9. 「ベビータウン」「プレママタウン」にパスワードリスト型攻撃、ポイント交換も判明(ユニ・チャーム)

    「ベビータウン」「プレママタウン」にパスワードリスト型攻撃、ポイント交換も判明(ユニ・チャーム)

  10. 2 年間鳴かず飛ばずだった某クラウド脆弱性診断サービスが売上 10 倍になった理由  ~ 診断内製化の成功ポイント

    2 年間鳴かず飛ばずだった某クラウド脆弱性診断サービスが売上 10 倍になった理由 ~ 診断内製化の成功ポイントPR

ランキングをもっと見る