「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.05.27(水)

「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「Firefox の脆弱性 (CVE-2019-11707) に関する注意喚起」を発表した。これはMozilla社が脆弱性に関する情報を公開したことを受けたもの。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月19日、「Firefox の脆弱性 (CVE-2019-11707) に関する注意喚起」を発表した。これはMozilla社が脆弱性に関する情報を公開したことを受けたもの。Mozillaによると、この脆弱性を悪用した攻撃をすでに確認しているという。

対象となるバージョンは次の通り。

・Firefox 67.0.3 より前のバージョン
・Firefox ESR 60.7.1 より前のバージョン

これらのバージョンのFirefoxには、Array.popが原因でJavaScriptのコードを処理する際に、クラッシュを引き起こすなどの可能性のある脆弱性(CVE-2019-11707)が存在する。Firefoxでは脆弱性を修正したパッチを公開しており、JPCERT/CCでは十分なテストを実施の上で修正済みのパッチの適用を検討するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト、WordファイルでDL可(JNSA)

    緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト、WordファイルでDL可(JNSA)

  2. 英LCCにサイバー攻撃、900万人の顧客情報流出(easyJet)

    英LCCにサイバー攻撃、900万人の顧客情報流出(easyJet)

  3. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  4. セキュリティコード含むクレジットカード情報流出、EC-CUBE の脆弱性突かれ(マグファイン)

    セキュリティコード含むクレジットカード情報流出、EC-CUBE の脆弱性突かれ(マグファイン)

  5. 診断会社がオフィスをソーシャルディスタンス配慮へ、アフターコロナ見据え(クラフ)

    診断会社がオフィスをソーシャルディスタンス配慮へ、アフターコロナ見据え(クラフ)

  6. 標準化フレームワークが「NIST SP800-171」に対応(NRIセキュア)

    標準化フレームワークが「NIST SP800-171」に対応(NRIセキュア)

  7. キャッシュDNSサーバ「BIND 9.x」に複数の脆弱性(JPRS、JVN)

    キャッシュDNSサーバ「BIND 9.x」に複数の脆弱性(JPRS、JVN)

  8. Webex, Zoom, Teams, Meet、シングルサインオンサービスが4大Web会議サービス対応(GMOグローバルサイン)

    Webex, Zoom, Teams, Meet、シングルサインオンサービスが4大Web会議サービス対応(GMOグローバルサイン)

  9. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

    CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  10. 端緒は購買部社員へのフィッシングメール、標的型攻撃メールによるアカウント情報盗取 第2報(マウスコンピューター)

    端緒は購買部社員へのフィッシングメール、標的型攻撃メールによるアカウント情報盗取 第2報(マウスコンピューター)

ランキングをもっと見る