「とりネット」新規営業許可施設一覧に個人営業者自宅住所誤掲載(鳥取県) | ScanNetSecurity
2020.01.23(木)

「とりネット」新規営業許可施設一覧に個人営業者自宅住所誤掲載(鳥取県)

鳥取県は6月17日、同県の公式ホームページ「とりネット」内に毎月公開している新規食品営業許可情報で5月分の一覧に個人営業者の自宅住所にの誤掲載が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
鳥取県は6月17日、同県の公式ホームページ「とりネット」内に毎月公開している新規食品営業許可情報で5月分の一覧に個人営業者の自宅住所にの誤掲載が判明したと発表した。

これは6月6日に同サイトに5月分の新規営業許可施設一覧を公表したところ、6月17日午前8時35分頃に同県の担当者が個人営業者の自宅住所が公表されていることに気づき個人情報の流出が判明したというもの。

誤掲載されたのは、5月1日から5月31日までに県が許可した23名分の個人営業者の自宅住所。

同県によると、営業許可情報公開前に掲載内容を複数の職員により確認したが、住所の削除し忘れに気づけず、またホームページ掲載時に、公開前後の情報のダブルチェックを怠っていたことが誤掲載の原因とのこと。

同県では6月17日に、同サイトから情報を削除するとともに、自宅住所が誤掲載された個人営業者23名中、連絡の取れた22名に経緯の説明と謝罪を電話にて実施、残る1名については引き続き連絡を行う予定。

同県では今後、公開様式を定めるとともに作業手順をマニュアル化し、公開前後で掲載内容に個人情報が含まれていないか複数の職員による確認を徹底し再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  2. 不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

    不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

  3. 第三者からの不正アクセスで個人情報と企業情報が外部流出した可能性(三菱電機)

    第三者からの不正アクセスで個人情報と企業情報が外部流出した可能性(三菱電機)

  4. 「パスワードマネージャー」に情報漏えいの2つの脆弱性(トレンドマイクロ、JVN)

    「パスワードマネージャー」に情報漏えいの2つの脆弱性(トレンドマイクロ、JVN)

  5. 「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

    「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

  6. ディープフェイク、偽旗攻撃、ランサムウェア--2020年サイバー脅威予測(カスペルスキー)

    ディープフェイク、偽旗攻撃、ランサムウェア--2020年サイバー脅威予測(カスペルスキー)

  7. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  8. DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

    DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

  9. Google form設定誤りで「note pro」関連情報が他の取引企業から閲覧可能に(ピースオブケイク)

    Google form設定誤りで「note pro」関連情報が他の取引企業から閲覧可能に(ピースオブケイク)

  10. Microsoft Windows の AppXSvc において設定ファイルの操作時のハードリンク検証不備により任意のファイルが上書き可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows の AppXSvc において設定ファイルの操作時のハードリンク検証不備により任意のファイルが上書き可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

ランキングをもっと見る