華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

どの部分が危険に晒されていたのか、どんな情報が盗まれたり改ざんされたりした可能性があるのか、ファーウェイの業務のどの部分が影響を受けた可能性があるのか、そしてシステム侵入者が穴を利用したのか否かは不明である。

国際 TheRegister
ファーウェイ社に許された範囲内でのイタリア Swascan 社による情報発信
ファーウェイ社に許された範囲内でのイタリア Swascan 社による情報発信 全 1 枚 拡大写真
 中国の巨大企業ファーウェイのウェブシステムのセキュリティに重大な脆弱性が見つかった。穴はすでに修復されたがファーウェイは情報セキュリティの調査担当者にこの問題について語ることを禁じた。この穴が悪用され顧客情報が盗まれ、業務に妨げが出た可能性も否定できない。

 イタリア Swascan 社のセキュリティ調査チームが月曜日に The Register に語ったところによると、Swascan は通信機器メーカーファーウェイに先月、ウェブサイト及びオンラインサービスに欠陥があることを内々に伝えた。これを受けて悪用の可能性があったバグは適切に修正されたということである。

 しかしながら、中国のこの巨大企業のウェブシステムのどの部分が危険に晒されていたのか、どんな情報が盗まれたり改ざんされたりした可能性があるのか、ファーウェイの業務のどの部分が影響を受けた可能性があるのか、そしてシステム侵入者が穴を利用したのか否かは不明である。ファーウェイはコメントを拒否、Swascan は今後この件に関し口外することを禁じられている。Swascan はファーウェイの脆弱性開示への対応の一環としてファーウェイと秘密保持契約を結んでいるものと見られる。

《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほか

    8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほかPR

  4. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

ランキングをもっと見る
PageTop