サイバー犯罪とサイバーエスピオナージの二刀流「APT41」(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

サイバー犯罪とサイバーエスピオナージの二刀流「APT41」(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、新たに名付けられたAPT(Advanced Persistent Threat)グループ「APT41」の詳細を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
APT41が直接の標的にした産業の年表
APT41が直接の標的にした産業の年表 全 1 枚 拡大写真
ファイア・アイ株式会社は8月8日、新たに名付けられたAPT(Advanced Persistent Threat)グループ「APT41」の詳細を発表した。同社では、APT41の個々のメンバーが、主に金銭を目的とする攻撃を2012年から行っていたことを観測。その後、国家が支援していると思われる攻撃(エスピオナージ:諜報)に領域を拡大したと推測している。スパイ活動とサイバー犯罪の両方を行う犯罪者グループが珍しいという。

これまでに、フランス、インド、イタリア、日本、ミャンマー、オランダ、シンガポール、韓国、南アフリカ、スイス、タイ、トルコ、英国、米国、香港の国や地域に拠点を置く組織が標的になっている。APT41の特徴として、金銭目的ではゲーム業界、エスピオナージでは医療、ハイテク、通信業界の知的財産の窃取を目的としており、通常はエスピオナージに使用されるツールを金銭目的に使用することもあるという。

APT41は、組織のネットワーク・セグメンテーションを中継するシステムを迅速に特定して、水平展開して侵害を拡大する。わずか2週間で、複数のネットワーク・セグメントおよび複数の地理的領域にわたって、数百のシステムを侵害したケースも確認されている。また、非常に機敏かつ執拗で、被害者の環境の変化やインシデント対応担当者の行動に迅速に対応する。レポートでは、今後はサプライチェーン攻撃の可能性があると警告している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  6. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  7. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  8. Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

    Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. 「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

    「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

ランキングをもっと見る