「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2020.01.25(土)

「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

エフセキュアは、F5 Networks社が提供する「BIG-IP」の一般的な構成における重大な脆弱性を発見したと発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
稼働中のBIG-IPの分布図。約60%は米国に設置されている
稼働中のBIG-IPの分布図。約60%は米国に設置されている 全 1 枚 拡大写真
エフセキュア株式会社は8月9日、F5 Networks社が提供する「BIG-IP」の一般的な構成における重大な脆弱性を発見したと発表した。BIG-IPは、アプリケーションを最適かつセキュアに配信し、企業システムの運用を最大限に効率化するための機能を持つアプリケーショントラフィック管理装置。Webサービスを提供する大企業、金融機関、政府機関などに導入されている。

脆弱性は、iRules(ネットワークトラフィック管理用のBIG-IP Local Traffic Managerで使用されるTclベースのスクリプト言語)に存在する。特定のコーディング手法により、攻撃者は任意のTclコマンドを挿入でき、ターゲットとなるTclスクリプトのセキュリティコンテキストにおいて実行される可能性がある。iRuleの悪用に成功すると、攻撃者はBIG-IPを足がかりにユーザへ重大な侵害をもたらす可能性がある。

なお、この脆弱性はBIG-IPのすべてのユーザが影響を受けるわけではない。この脆弱性を発見した、エフセキュアのChristoffer Jerkeby氏は、この脆弱性が悪用されると、攻撃者は企業に侵入し、さまざまな目的を達成し、痕跡を画すことができるため、極めて深刻であるとしている。一方で、脆弱性を発見することも難しいため、参照すべき関連情報のWebページを紹介している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

    社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

  2. 不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

    不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

  3. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  4. 「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

    「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

  5. 「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

    「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

  6. マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

    マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

  7. 脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるか

    脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるかPR

  8. 富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

    富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

  9. インシデント報告、フィッシングサイトの割合が7割近くまで増加(JPCERT/CC)

    インシデント報告、フィッシングサイトの割合が7割近くまで増加(JPCERT/CC)

  10. iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

    iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

ランキングをもっと見る