メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州) | ScanNetSecurity
2020.02.25(火)

メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

環境省 九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)は9月17日、同オフィス運営団体であるNPO法人宮崎文化本舗が管理するメールマガジンアドレスになりすました迷惑メールがメールマガジン登録者に配信されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
環境省 九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)は9月17日、同オフィス運営団体であるNPO法人宮崎文化本舗が管理するメールマガジンアドレスになりすました迷惑メールがメールマガジン登録者に配信されたことが判明したと発表した。

これは8月23日に、同オフィスのメールマガジンアドレスになりすました迷惑メールが不正に配信されたため、EPO九州のホームページへのアクセスを遮断し、メールマガジン発行システムについても2段階認証でのログインを導入しメールマガジンアドレスの利用を停止、8月31日にサーバ管理会社からメールサーバへの海外からの不正アクセスが確認されたことを受け更に調査を依頼したところ、9月4日にメールマガジンアドレスを送信元としたなりすましメールが外部サーバから送信されたことによる不正なメール送信が確認されたというもの。

同オフィスでは、なりすましメールの本文は文字化けして直接内容を読める状態ではなく、有害サイトへ誘導される危険性は無いが、メールごと削除するよう呼びかけている。

なお、サーバ管理会社からの調査結果よりメールサーバへの本件以外の不正アクセスは無く、専門業者によるWebサーバへのアクセス解析でも不正アクセスは確認されず、同オフィスで使用するPCへのウイルス感染も無かった。

同オフィスでは調査結果より、EPO九州に関連するメールアドレスが設定されたメールサーバやWebサーバへの不正アクセスが無かったため、メールマガジン登録者のメールアドレス等の個人情報が取得された可能性は無いとのこと。

同オフィスでは今後、不正アクセスの防止や運用方法の見直しなど情報セキュリティについて引き続き対策を強化し再発防止に取り組む。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  2. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  3. 新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

    新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

  4. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  5. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  6. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

  7. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  8. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  9. 「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

    「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

  10. 日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

    日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

ランキングをもっと見る