IoT技術研究室をスピンアウト、株式会社ゼロゼロワンを設立(ココン) | ScanNetSecurity
2019.12.15(日)

IoT技術研究室をスピンアウト、株式会社ゼロゼロワンを設立(ココン)

ココンは、IoTセキュリティに特化した子会社として新たに「株式会社ゼロゼロワン」を設立した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
写真左から ココン株式会社 倉富佑也氏、株式会社ゼロゼロワン 佐藤勝彦氏・萩原雄一氏・菅野哲氏
写真左から ココン株式会社 倉富佑也氏、株式会社ゼロゼロワン 佐藤勝彦氏・萩原雄一氏・菅野哲氏 全 1 枚 拡大写真
ココン株式会社は10月7日、IoTセキュリティに特化した子会社として新たに「株式会社ゼロゼロワン」を設立したと発表した。ゼロゼロワン設立に伴い、代表取締役 CEOとして萩原雄一氏を迎え、ココン技術研究室にてIoT解析技術チーム長として活動している佐藤勝彦氏が代表取締役 CTOに就任。また、ココン技術研究室室長で事業化を図った菅野哲氏(株式会社レピダム代表取締役兼任)とココン執行役員の桂川大輝氏が取締役として参画することにより、ココングループ内における連携を図る。

ココン技術研究室は、IoT機器における脅威の可視化に関する研究開発を目的に、ココンが2019年8月より開始したもの。現在国内で利用されているIoT機器にどのような脆弱性があるのか可視化し、IoT機器に起因するセキュリティリスク軽減に向けた活動を行ってきた。今回、IoT機器が開発の過程から適切なセキュリティ品質を担保できるようにし、利用者が知らないうちに被害者や加害者になることのないよう安全・安心にIoT機器を使える世の中にしたいという思いから、プロジェクトをスピンアウトさせ、ゼロゼロワンを設立したという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

    業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

  2. 「リクナビDMPフォロー」サービス利用企業へも指導(個人情報保護委員会)

    「リクナビDMPフォロー」サービス利用企業へも指導(個人情報保護委員会)

  3. 「象印でショッピング」へ不正アクセス、流出したアドレスにメール送信しカード情報を盗取(象印マホービン)

    「象印でショッピング」へ不正アクセス、流出したアドレスにメール送信しカード情報を盗取(象印マホービン)

  4. 「グラマシーニューヨークオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報3,312件が流出(プレジィール)

    「グラマシーニューヨークオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報3,312件が流出(プレジィール)

  5. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  6. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  7. FAX誤送信、顧客の貯金残高等が流出(JA高知県)

    FAX誤送信、顧客の貯金残高等が流出(JA高知県)

  8. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  9. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  10. ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

ランキングをもっと見る