故 山口英氏、インターネットの殿堂入り(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.02.26(水)

故 山口英氏、インターネットの殿堂入り(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、同センターの創設メンバーであり初代代表理事を務めた、故山口英氏が「インターネットの殿堂(Internet Hall of Fame)」に入ったことを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
初代JPCERT/CC代表理事 山口 英氏
初代JPCERT/CC代表理事 山口 英氏 全 1 枚 拡大写真
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は 9 月 30 日、同センターの創設メンバーであり初代代表理事を務めた、故・山口英氏が「インターネットの殿堂 (Internet Hall of Fame) 」に入ったことを発表した。

インターネットの殿堂は、インターネットの発展に顕著な貢献が認められた個人を表彰するもの。2012 年に非営利組織 Internet Society(ISOC)により設立され、これまでに日本人 5 名を含む 103 名がこの殿堂入りを果たしている。

今回、山口氏を含む 11 名(アフリカ 1 名、米国 6 名、ペルー 1 名、ブラジル 1 名、オランダ 1 名)が殿堂に加わった。殿堂入りは、山口氏のサイバーセキュリティに関する研究と教育、世界中の CSIRT が加盟する団体 FIRST への貢献、アフリカやアジアにおける CSIRT 間連携の強化、WIDE プロジェクトや AI3 においての主導的な役割が評価された。

山口 英 氏は 1964 年生まれ。2000 年に奈良先端科学技術大学院大学教授に就任、教鞭をとる一方で、JPCERT/CC 代表理事、内閣官房情報セキュリティ対策推進室情報セキュリティ補佐官、セキュリティインシデント対応の非営利国際調整協力機関 FIRST 理事などを歴任し、2016 年 5 月逝去。

2016 年には、山口氏のアジアやアフリカなど途上国のセキュリティの底上げに捧げた努力と貢献に敬意を表して、FIRST が実施してきた支援プログラム名称に「スグル ヤマグチ フェローシップ プログラム」と氏名が冠された。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  2. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  3. 「Apache Tomcat」に複数の脆弱性、CVE-2020-1938には注意喚起も(JVN)

    「Apache Tomcat」に複数の脆弱性、CVE-2020-1938には注意喚起も(JVN)

  4. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

  5. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  6. 「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

    「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

  7. 保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

    保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

  8. 教育メニューにNRIセキュアの「セキュアEggs」を追加(GSX)

    教育メニューにNRIセキュアの「セキュアEggs」を追加(GSX)

  9. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  10. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

    CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

ランキングをもっと見る