PHP においてガベージコレクタにおける Use-After-Free の脆弱性により制限を回避して任意の PHP 関数が実行可能となる問題(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

PHP においてガベージコレクタにおける Use-After-Free の脆弱性により制限を回避して任意の PHP 関数が実行可能となる問題(Scan Tech Report)

プログラミング言語 PHP に disable_functions による実行制限を回避して、任意の PHP 関数が実行可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
bugs.php.net
bugs.php.net 全 1 枚 拡大写真
◆概要

プログラミング言語 PHP に disable_functions による実行制限を回避して、任意の PHP 関数が実行可能となる脆弱性が報告されています。何か別の脆弱性を悪用されて対象の Web サーバに悪意のある PHP ファイルを設置されてしまった場合に備えて、system 関数などの OS コマンド実行につながる関数の実行制限をしていたとしても、別の脆弱性を悪用して PHP ファイルのアップロードに成功した攻撃者に制限を回避され、OS コマンドを実行されてしまい侵入されてしまいます。脆弱性対策の強化とアップデートにより対策してください。

◆分析者コメント

攻撃対象となる Web サーバに何か別の脆弱性や設定不備が存在し、PHP ファイルをアップロード可能であるという前提条件が必要となる脆弱性です。PHP の disable_functions の設定により、system 関数や shell_exec 関数などの制限による OS コマンドの実行に対策していたとしても、当該脆弱性を悪用して OS コマンドが実行されてしまうため、攻撃者に侵入されてしまう危険性があります。前提条件が必要な脆弱性であるため悪用には難しいですが、PHP のバージョン 7 系は幅広く影響を受ける脆弱性であるため、多層防御を強化するために PHP のアップデートによる対策を推奨します。

◆深刻度(CVSS)

本記事執筆時点(2019 年 10 月 8 日)では CVE 番号が発番されておらず、脆弱性に対応したバージョンが公開されていません。

◆影響を受けるソフトウェア

以下のバージョンの PHP が脆弱性の影響を受けると報告されています。脆弱性に対応したエクスプロイトコードは Unix/Linux 版の PHP にのみ対応していますが、Windows で脆弱性が悪用できないかという情報は、本記事執筆時点(2019 年 10 月 8 日)では確認できていません。

  + PHP 7.0 - 7.0.33
  + PHP 7.1 - 7.1.31
  + PHP 7.2 - 7.2.23
  + PHP 7.3 - 7.3.10

◆解説

プログラミング言語 PHP のガベージコレクタに、unserialize 関数と組み合わせた場合に発現する、Use-After-Free の脆弱性が報告されています。

《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  2. 最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出

    最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出PR

  3. 全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

    全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

  4. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  5. 成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

    成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

  6. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  7. iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

    iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

  8. メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

    メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

  9. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  10. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

ランキングをもっと見る