クラウドセキュリティで日本の遅れが顕著に(KPMGコンサルティング、日本オラクル) | ScanNetSecurity
2021.01.27(水)

クラウドセキュリティで日本の遅れが顕著に(KPMGコンサルティング、日本オラクル)

KPMGコンサルティングと日本オラクルは、オラクル・コーポレーションとKPMGが共同で公開したクラウドセキュリティに関する意識調査レポート「Oracle and KPMG Cloud Threat Report 2019」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
KPMGコンサルティング株式会社と日本オラクル株式会社は11月14日、オラクル・コーポレーションとKPMGが共同で公開したクラウドセキュリティに関する意識調査レポート「Oracle and KPMG Cloud Threat Report 2019」を発表した。

この調査は、両社が米国、カナダ、英国、オーストラリア、シンガポールの5カ国のサイバーセキュリティおよびIT専門家450人を対象に、クラウド利用におけるセキュリティの現状について調査したもの。また、日本オラクルは同調査の主な設問をもとに、日本の企業内サイバーセキュリティおよびITの専門家300名にインターネット調査を行っている。

調査結果によると、海外の70%、日本の66%は、ビジネスに必要となるデータをクラウドに移行しており、半分以上のデータをクラウドで保持する企業の数は2019年から2020の間に海外で2.2倍、日本で2.3倍に増加することが見込まれることもわかった。クラウドに保持するデータの大部分が機密データであると回答した組織は、海外で71%、日本でも45%となっており、機密データを安全に守ることが欠かせなくなっていると指摘している。

セキュリティ面では、クラウドポリシーに従業員が従っているかどうか懸念している企業が海外で92%、日本で88%と高く、71%が実際にポリシー違反が原因でマルウェア感染やデータ侵害が発生している。シャドーITには海外、日本ともに高い割合で対処しているが、パッチ管理・脆弱性管理への対策では海外89%に対し日本は55%、脅威全般の軽減に機械学習を利用しているのは海外で73%、日本は47%、セキュリティイベントデータの収集・分析は、海外で58%、日本は23%と、日本のクラウドセキュリティ対策の遅れが明らかになっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  2. 2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

    2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

  3. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  4. 日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

    日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

  5. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  6. 我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

    我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

  7. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

    Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  8. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  9. ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

    ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

  10. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

ランキングをもっと見る