国内IoTデバイス管理市場が急激な伸び、2018年は前年比7.5倍(ITR) | ScanNetSecurity
2020.01.22(水)

国内IoTデバイス管理市場が急激な伸び、2018年は前年比7.5倍(ITR)

ITRは、国内のIoTデバイス管理市場規模推移および予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
IoTデバイス管理市場規模推移および予測(2017~2023年度予測)
IoTデバイス管理市場規模推移および予測(2017~2023年度予測) 全 1 枚 拡大写真
株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は11月28日、国内のIoTデバイス管理市場規模推移および予測を発表した。IoTデバイス管理は、汎用的なOSを搭載するIoTデバイス(センサーやカメラなど)を管理する製品・サービスのことを指す。IoTデバイスの状態を常時監視することで、障害発生時に管理者へ通知したり、組み込まれているOSやアプリケーションをリモートでアップデートする機能などを有している。

同市場の2018年度の売上金額は4億5,000万円で、前年度の7.5倍と著しい伸びを示した。これは、2017年度までは実証実験が中心だったIoTの案件が、2018年度から本格的に実用化されてきていることが背景にあるとしている。IoT市場の拡大に伴い、IoTを標的とした攻撃が懸念されることから、今後はセキュリティ対策としてもIoTデバイス管理の重要性が高まると見られる。これらのことから、同市場は中長期的に大幅な伸びが見込まれ、2018~2023年度CAGRは73.1%、2020年には24億円、2023年には70億円に拡大すると予測している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  2. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  3. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  4. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  5. 「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

    「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

  6. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

  7. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  8. 不正アクセスで会員情報流出の「宅ふぁいる便」、3月末でサービス終了へ(オージス総研)

    不正アクセスで会員情報流出の「宅ふぁいる便」、3月末でサービス終了へ(オージス総研)

  9. 企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

    企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

  10. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

ランキングをもっと見る