3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート) | ScanNetSecurity
2020.01.25(土)

3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

ウェブルートは、変化し続けるセキュリティ業界の最新状況を探った「ウェブルート脅威レポート2019 中間アップデート」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
HTTPS を使用しているフィッシングサイトの割合(カテゴリー別)
HTTPS を使用しているフィッシングサイトの割合(カテゴリー別) 全 2 枚 拡大写真
ウェブルート株式会社は12月4日、変化し続けるセキュリティ業界の最新状況を探った「ウェブルート脅威レポート2019 中間アップデート」を発表した。同レポートは、同社の機械学習ベースの脅威分析アーキテクチャである「Webroot プラットフォーム」で使用しているデータと、同社の脅威調査チームからの傾向、洞察および予測を紹介するもの。

フィッシングは急増しており、2019年1~7月に発見されたURLは400%増加した。フィッシングで偽装された業界は、「SaaS / Webメールのプロバイダ」が29%を占め、「金融機関」(19%)、「ソーシャルメディア」(16%)、「小売」(14%)と続いた。50件に1件が悪意あるURLで、フィッシングサイトの3分の1近くがHTTPSを使用していた。HTTPSを使用していたフィッシングサイトの割合は、「教育」(77%)、「暗号通貨」(48%)、「ストリーミング」(48%)、「金融機関」(45%)が上位を占めた。

また同期間は、Windows 7の脆弱性(ホストのIP数)が1月以降に75%上昇したことが明らかになった。Windowsシステムに潜むマルウェアの場所は、「%temp%」(41%)、「%appdata%」(24%)、「%cache%」(11%)が多かった。感染したPCの64%が家庭ユーザ、36%が企業のデバイスであった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

    社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

  2. 不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

    不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

  3. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  4. 「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

    「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

  5. 「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

    「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

  6. マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

    マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

  7. 脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるか

    脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるかPR

  8. 富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

    富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

  9. インシデント報告、フィッシングサイトの割合が7割近くまで増加(JPCERT/CC)

    インシデント報告、フィッシングサイトの割合が7割近くまで増加(JPCERT/CC)

  10. iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

    iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

ランキングをもっと見る