Appleが7製品11バージョンのセキュリティアップデートを公開(JVN) | ScanNetSecurity
2020.08.06(木)

Appleが7製品11バージョンのセキュリティアップデートを公開(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Apple社が提供する複数の製品に脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月11日、Apple社が提供する複数の製品に脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これはApple社が各製品向けのアップデートを公開したことを受けたもの。影響を受けるシステムは次の通り。

・iOS 13.3 より前のバージョン
・iOS 12.4.4 より前のバージョン
・iPadOS 13.3 より前のバージョン
・macOS Catalina 10.15.2 より前のバージョン
・macOS Mojave 10.14.6 (Security Update 2019-002 未適用)
・macOS High Sierra 10.13.6 (Security Update 2019-007 未適用)
・watchOS 6.1.1 より前のバージョン
・watchOS 5.3.4 より前のバージョン
・tvOS 13.3 より前のバージョン
・Safari 13.0.4 より前のバージョン
・Xcode 11.3 より前のバージョン

これらの脆弱性が悪用された場合に想定される影響は各脆弱性により異なるが、情報漏えい、情報の改ざん、任意のコード実行、サービス運用妨害(DoS)、権限昇格、認証回避といった影響を受ける可能性がある。JVNでは、Apple社が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  2. ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  3. いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

    いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

  4. 脆弱性「Ripple20」の対象プリンタ名公開、操作停止やメモリ破壊を引き起こす可能性(リコー)

    脆弱性「Ripple20」の対象プリンタ名公開、操作停止やメモリ破壊を引き起こす可能性(リコー)

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. ビジネスメール詐欺実態を共同分析、攻撃者の手口と素性が明らかに(マクニカネットワークス、伊藤忠商事)

    ビジネスメール詐欺実態を共同分析、攻撃者の手口と素性が明らかに(マクニカネットワークス、伊藤忠商事)

  7. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  8. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  9. 黒塗り交付の開示資料、強い光で文字が判別可能(和歌山市)

    黒塗り交付の開示資料、強い光で文字が判別可能(和歌山市)

  10. 夏休みのセキュリティ注意喚起、今年はテレワーク勤務者の注意事項も紹介(IPA)

    夏休みのセキュリティ注意喚起、今年はテレワーク勤務者の注意事項も紹介(IPA)

ランキングをもっと見る