障害者向け転職サービス「atGP」の会員情報175名分を求人企業に“漏えい”(ゼネラルパートナーズ) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

障害者向け転職サービス「atGP」の会員情報175名分を求人企業に“漏えい”(ゼネラルパートナーズ)

障害者向け転職サービス「atGP」を行う株式会社ゼネラルパートナーズは12月4日、同社のサービス会員の一部個人情報漏えいが発覚したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
障害者向け転職サービス「atGP」を行う株式会社ゼネラルパートナーズは12月4日、同社のサービス会員の一部個人情報漏えいが発覚したと発表した。

これは11月15日に、同社従業員が会員の個人情報が記載された資料をatGPに求人情報を掲載している企業1社に対しメール添付し送付したというもので、11月22日に同社内での報告により発覚した。

当該従業員は、同社会員と求人企業との面接を約束する「プラチナスカウトサービス」の配信準備にあたり、過去一定期間内に同社を介さず当該企業に応募した会員の重複案内を避ける目的で資料提供を行った。

漏えいしたのは氏名と障害種別を特定し得る情報を含む計175名の会員情報。

同社では、当該資料について送付先企業のメール受信端末及びサーバから完全に削除処理が完了したことを確認するとともに、個人情報が漏えいした対象会員に対して謝罪の連絡を行っている。

また同社では、個人情報を漏えいした当該従業員に対しては就業規則に則り処分を行う予定。

同社では今後、個人情報の取扱い規定遵守の徹底と情報取扱権限の厳密な設定、オペレーションの変更を含めた社内システムの構築を進め再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る