脆弱性ではXSS、製品はAndroidおよびLinuxが上位を占める--JVN登録状況(IPA) | ScanNetSecurity
2020.02.26(水)

脆弱性ではXSS、製品はAndroidおよびLinuxが上位を占める--JVN登録状況(IPA)

IPAは、2019年第4四半期(10月から12月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
JVN iPedia の登録件数の四半期別推移
JVN iPedia の登録件数の四半期別推移 全 3 枚 拡大写真
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月22日、2019年第4四半期(10月から12月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。発表によると、同期間にJVN iPedia日本語版へ登録された脆弱性対策情報は4,434件で、累計登録件数が112,084件となった。内訳は、国内製品開発者から収集したもの8件(公開開始からの累計は226件)、JVNから収集したもの113件(累計8,875件)、NVDから収集したもの4,313件(累計102,983件)となっている。

件数が多かった脆弱性は、「CWE-79(クロスサイトスクリプティング:XSS)」535件、「CWE-20(不適切な入力確認)」516件、「CWE-200(情報漏えい)」302件、「CWE-125(境界外読み取り)」226件、「CWE-787(境界外書き込み)」187件などとなっている。

製品別登録状況では、「Android(Google)」315件、「Debian GNU/Linux(Debian)」225件、「Google Chrome(Google)」154件、「Linux Kernel(Kernel.org)」118件、「Fedora(Fedora Project)」99件が上位となった。10位中4製品がマイクロソフト製品、3製品がLinux関連であった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  2. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  3. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

  4. 「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

    「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

  5. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  6. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  7. 保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

    保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

  8. 教育メニューにNRIセキュアの「セキュアEggs」を追加(GSX)

    教育メニューにNRIセキュアの「セキュアEggs」を追加(GSX)

  9. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

    CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

  10. SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

    SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

ランキングをもっと見る