6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM)

日本IBMは、「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2020」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は2月18日、「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2020」を発表した。同レポートは、130カ国以上における1日あたり700億件のセキュリティ・イベント監視から得られる観察と分析で構成される。また、データはX-Force IRIS、X-Force Red、IBMマネージド・セキュリティ・サービスおよび公表されているデータ漏えい情報など複数のソースから収集、分析している。

レポートによると、サイバー攻撃者はネットワークの侵入に、以前盗んだ認証情報やソフトウェアの既知の脆弱性を利用しており、相手を欺くことなく侵入に成功している。その割合は60%に及んでいる。また、フィッシング攻撃が攻撃起点として利用されたのは、インシデント全体の3分の1未満(31%:2018年は全体の半分)へと減少した。一方、脆弱性スキャンとその悪用は30%(2018年は全体の8%)に増加している。

2019年には、85億件を超えるレコードが侵害され、これにより攻撃にさらされたデータは前年比で200%増加した。このうち29%が以前盗んだ認証情報を利用していた。盗んだ認証情報も増加している。侵害されたレコードのうち70億件(85%超)は、クラウド・サーバやその他システムの不適切な構成によるものであった。さらに、OTをターゲットにした攻撃が前年比で2000%増加した。ほとんどの攻撃は、SCADAおよびICSハードウェア内の既知の脆弱性の組み合わせ、そしてパスワード・スプレー攻撃によるものであった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  2. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  3. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  4. “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

    “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

  5. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

  6. 自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

    自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

  7. 産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  8. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  9. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  10. 日本国内のサイバー犯罪被害者数は年間2,460万人、2019年調査(ノートンライフロック)

    日本国内のサイバー犯罪被害者数は年間2,460万人、2019年調査(ノートンライフロック)

ランキングをもっと見る