コロナ関連の偽販売サイト急増、テレワーク関連用品も増加中(BBSS) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

コロナ関連の偽販売サイト急増、テレワーク関連用品も増加中(BBSS)

BBSSは、「インターネット詐欺リポート(2020年3月度)」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
新型コロナウイルスの流行に便乗した偽販売サイト数
新型コロナウイルスの流行に便乗した偽販売サイト数 全 1 枚 拡大写真
BBソフトサービス株式会社(BBSS)は4月28日、「インターネット詐欺リポート(2020年3月度)」を発表した。本レポートは、同社の「詐欺ウォール / Internet SagiWall」で検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するもの。これによると、3月度は新型コロナウイルス感染症の流行に便乗した偽販売サイトが急増した。

マスクや除菌グッズなどのウイルス対策用品を取り扱う偽販売サイトは、2月には0件だったものが、新型コロナウイルス感染症が流行してきた3月には32件発生した。特に3月12日には24件まで急増し、その後は減少傾向にある。3月度に検知した新たな偽販売サイトのうち、15.9%がマスクや除菌スプレーなどの商品を取り扱っており、多くの人が新型コロナウイルス感染症対策のためマスクやウイルス対策用品を求め、偽販売サイトに誘導されている。

また、プリンタのインクカートリッジやPC用モニタなど、テレワーク関連用品を取り扱う偽販売サイトも確認しており、今後増加する可能性があるとして、継続して注意が必要としている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  2. LAC、SOMPOリスクマネジメントとサプライチェーンリスク評価サービスで協業

    LAC、SOMPOリスクマネジメントとサプライチェーンリスク評価サービスで協業

  3. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  4. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  5. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  6. 新型ランサムウェアに感染、95%のサーバが暗号化の被害(鉄建建設)

    新型ランサムウェアに感染、95%のサーバが暗号化の被害(鉄建建設)

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  9. 新潟県の全庁調査 続報、会議資料や写真掲載記事まで範囲を拡大

    新潟県の全庁調査 続報、会議資料や写真掲載記事まで範囲を拡大

  10. eスキミング:その手口と対策

    eスキミング:その手口と対策

ランキングをもっと見る