とある不運な情シス担当者の告白、Have I Been Pwned からのメールがヘルプデスクシステムを「乗っ取り(pwned)」 | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

とある不運な情シス担当者の告白、Have I Been Pwned からのメールがヘルプデスクシステムを「乗っ取り(pwned)」

不運な一人の情報システム担当者が、本人が断じて希望しない方法で、Have I Been Pwned サービス( HIBP )が彼の情報提供への依頼に回答したのを発見した ―― SQL 文を含む侵害報告メールが会社のヘルプデスクシステムをたたきのめした後で。

国際 TheRegister
とある不運な情シス担当者の告白、Have I Been Pwned からのメールがヘルプデスクシステムを「乗っ取り」
とある不運な情シス担当者の告白、Have I Been Pwned からのメールがヘルプデスクシステムを「乗っ取り」 全 1 枚 拡大写真
 不運な一人の情報システム担当者が、本人が断じて希望しない方法で、Have I Been Pwned サービス( HIBP )が彼の情報提供への依頼に回答したのを発見した ―― SQL 文を含む侵害報告メールが会社のヘルプデスクシステムをたたきのめした後で。

 マットというペンネームで投稿していたとあるブロガーが、彼に起こった悲惨極まりない経験を明らかにした。HIBP から届いた侵害通知メールが、会社のヘルプデスクチケットシステムに取り込まれ、自動的にチケットID を割り当てられて起こった悲劇だ。

 同社は GLPI オープンソースヘルプデスクシステムのバージョン 9.4.5 を使用していた。少々古い製品だが、実に機能が優れている。事実、マットはこう述べている。

「すべてがうまくいっていたんだ。そうさ。ヘルプデスクのサポートアドレス宛てに Have I Been Pwned から、あのいまいましい 1 通のメールを受信するまではね。メールは自動的にサポートチケットとして記録されたんだ」

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  3. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  4. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. 職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

    職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

  9. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る