「iNetSec SF」のクラウド版提供開始、機能拡充も(PFU) | ScanNetSecurity
2021.01.28(木)

「iNetSec SF」のクラウド版提供開始、機能拡充も(PFU)

PFUは、セキュリティ対策アプライアンス「iNetSec SF (アイネットセック エスエフ)」のクラウド版「iNetSec SF Cloud」を新たに追加し、8月初旬より販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
クラウド版のメリット
クラウド版のメリット 全 5 枚 拡大写真
株式会社PFUは6月23日、セキュリティ対策アプライアンス「iNetSec SF (アイネットセック エスエフ)」のクラウド版「iNetSec SF Cloud」を新たに追加し、8月初旬より販売を開始すると発表した。iNetSec SFのマネージャーソフトウェアをクラウド化することで、サーバの初期導入コストや日々の管理負荷を軽減できるほか、管理者の利用シーンやテレワークなどの導入可能環境がさらに拡大できるとしている。

また、オンプレミス版、クラウド版ともに、「スイッチポート特定機能」「レポーティング機能」「ダッシュボード機能」を新たに追加した。スイッチポート特定機能では、同社の「エッジ・アナライズテクノロジー」により、さまざまなメーカーのスイッチに対して、どのポートに機器が接続されているかを把握、問題発生時に対処が必要な機器の物理的な場所を確認しやすくしている。

レポーティング機能では、機器種別ごとの台数の変化を見える化し、レポート形式で確認できる。これにより、IT管理者が月次報告書などの資料作成作業を効率化できる。ダッシュボード機能では、ネットワーク利用の申請を行っている機器やネットワークに長期にわたって接続されていない機器など、管理者が把握すべき機器情報のあらゆる面をリアルタイムかつ、一元把握することができ、ドリルダウンも可能になっている。価格は表の通り。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

    2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

  2. 日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

    日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

  3. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  4. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  5. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  6. 我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

    我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

  7. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  8. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

    Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  9. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  10. ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

    ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

ランキングをもっと見る