復号代金だけでなくデータ漏えいでも脅迫「暴露型ランサムウェア」の手口と対応例(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2020.09.22(火)

復号代金だけでなくデータ漏えいでも脅迫「暴露型ランサムウェア」の手口と対応例(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、最近多く被害が観測されている「暴露型ランサムウェア」の手口と対応例を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
従来のランサムウェアと暴露型ランサムウェアの違い
従来のランサムウェアと暴露型ランサムウェアの違い 全 3 枚 拡大写真
マクニカネットワークス株式会社は6月24日、最近多く被害が観測されている「暴露型ランサムウェア」の手口と対応例を公開した。被害を最小限にとどめることを目的としている。多くの日本企業において、VPN機器やその他の外部に公開している機器などの脆弱性が攻撃され、AD(Active Directory)の乗っ取りやランサムウェアの感染により機密情報を窃取されてしまう事案が発生している。同社が対応を支援している事案では、数週間あるいは数カ月前から侵入の痕跡が確認されているという。

これらの事案で確認されたランサムウェアは、「暴露型ランサムウェア」などと呼ばれる。従来のランサムウェアは主にクライアントPCや各種サーバを対象にファイルを暗号化し、復号のために金銭を要求する。要求額は数万円というケースが多い。しかし暴露型ランサムウェアは、クライアントPCのほかファイルサーバを暗号化する。また、暗号化する前に情報を盗み出しており、復号だけでなく情報の公開を止めるために身代金を要求する。要求額は数百万円に上るという。

実際に被害を受けた手口では、VPNルータの脆弱性を悪用してADサーバへ侵入、管理者アカウントを不正に作成し、ファイルサーバから情報を盗み出した上で暗号化するケースがあった。このケースではプロキシを経由しないため、外部通信が検知されない。また、VPNルータにブルートフォース攻撃を仕掛けてアカウントを取得して侵入、さらにAD情報を収集し管理者アカウントで侵入し、グループポリシーを改ざんする。あとは最初のケースと同じだ。このケースでは、ポリシーの変更によりアンチウイルスやEDRを無効化、マルウェアを配信している。このほかにも、メールをきっかけとして侵入するケースも確認されている。

同社では、攻撃者の侵入経路、事象の再発を考慮したADイベントログとVPNログ、Proxyログなどのセキュリティ製品以外のログ調査を実施して被害の全容を把握した。また、二次被害や再発を防ぐために、VPNパッチの適用やアカウントリセット、プレスリリース準備など、攻撃に対する適切な調査と対処が必要としている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  3. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  4. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  5. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  6. 公共利用施設予約システムの野球場利用者アカウントに対し不正ログイン試行(川崎市)

    公共利用施設予約システムの野球場利用者アカウントに対し不正ログイン試行(川崎市)

  7. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  8. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  9. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る