サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、サイボウズが提供するグループウェア「サイボウズ Garoon」に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月29日、サイボウズ株式会社が提供するグループウェア「サイボウズ Garoon」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは8.5。西谷完太氏(CVE-2020-5580およびCVE-2020-5584)、Tanghaifeng氏(CVE-2020-5582およびCVE-2020-5583)、東内裕二氏(CVE-2020-5587)、開発者(CVE-2020-5581、CVE-2020-5585、CVE-2020-5586、CVE-2020-5588)が、それぞれ報告を行った。

報告された脆弱性は次の通り。

・サイボウズ Garoon 4.0.0 から 5.0.1 まで
シングルサインオンの設定に関する閲覧および操作制限回避の脆弱性(CVE-2020-5580)
ポータルに関するパス・トラバーサルの脆弱性(CVE-2020-5581)
添付ファイルに関する操作制限回避の脆弱性(CVE-2020-5582)
マルチレポートに関する閲覧制限回避の脆弱性(CVE-2020-5583)
トークンに関する情報漏えいの脆弱性(CVE-2020-5584)
トークンに関する情報漏えいの脆弱性(CVE-2020-5587)

・サイボウズ Garoon 5.0.0 から 5.0.1 まで
画像アセットに関するクロスサイトスクリプティングの脆弱性(CVE-2020-5585)
ポータルに関するパス・トラバーサルの脆弱性(CVE-2020-5588)

・サイボウズ Garoon 4.10.3 から 5.0.1 まで
システム設定に関するクロスサイトスクリプティングの脆弱性(CVE-2020-5586)

これらの脆弱性により、シングルサインオンの設定の閲覧、改ざん、意図しない情報の取得、レポートの添付ファイルに関するデータの改ざん、閲覧権限のないマルチレポートデータの取得、ユーザのWebブラウザ上での任意のスクリプトの実行などを行われる可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  3. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  4. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  8. 職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

    職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

  9. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る