セキュリティ研究者御用達サイト、マルウェア統計数値公開(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2020.09.20(日)

セキュリティ研究者御用達サイト、マルウェア統計数値公開(カスペルスキー)

株式会社カスペルスキーは7月15日、Kaspersky Threat Intelligence Portalの利用分析結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
Kaspersky Threat Intelligence Portalで分析されたマルウェアの割合
Kaspersky Threat Intelligence Portalで分析されたマルウェアの割合 全 1 枚 拡大写真
株式会社カスペルスキーは7月15日、Kaspersky Threat Intelligence Portalの利用分析結果を発表した。

Kaspersky Threat Intelligence Portalは、同社が20年以上にわたり収集したサイバー攻撃に関するデータ等の脅威インテリジェンスを利用して、疑わしいファイルやIPアドレス、URL、ハッシュ値等について調査できるポータルサイト。同サイトを利用することで、企業のセキュリティ研究者やインシデント対応担当者等が、攻撃の背景を明らかにすることが可能になる。

同社によると、これまでに同サイトにアップロードされたファイルやハッシュ値の大半が、トロイの木馬(分析リクエストの25 %)、コンピューターのリモート制御を可能にするバックドア(同24%)、ほかの悪意のあるオブジェクトをインストールするドロッパー(同23%)であることが判明した。

なお、サイバーセキュリティ関連のデータを処理するクラウドベースのインフラストラクチャKaspersky Security Networkの統計では、最も普及しているマルウェアはトロイの木馬であるが、一方で同社のエンドポイント保護製品でブロックした全マルウェアのうち、バックドアが7%、ドロッパーが3%とこれらは一般的では無い。

数値に違いが見られる理由として同社は、セキュリティ研究者やアナリストなど同サイトの利用者は、サイバー攻撃の最終的な目標に関心を持ち、ドロッパーに含まれたすべてのコンポーネントを明らかにする必要がある一方で、エンドポイント保護製品はエンドユーザーが悪意のあるメールを開封したり、悪意のあるリンクをクリックすることを防ぎ、攻撃の早い段階でユーザーのコンピューターへのバックドア到達を防御することを目的としているためとしている。

また、これらバックドアやドロッパー等のマルウェアが多く分析された理由として同社は、特定の脅威に関心が寄せられていることを挙げ、例えば2020年年初にドロッパーを含むさまざまなモジュールを持つマルウェアEmotetが報道で取り上げられた際には、関連するオブジェクトが多く調べられ、セキュリティ研究者やアナリストがそれらの脅威をより詳しく分析する必要があったとしている。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  2. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  3. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  4. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  5. 開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

    開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

  6. 「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

    「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

  7. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  8. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  9. Active Directoryの認証コンポーネントに、管理者権限を窃取される脆弱性(JVN)

    Active Directoryの認証コンポーネントに、管理者権限を窃取される脆弱性(JVN)

  10. LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

    LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

ランキングをもっと見る