AzureとGCP 追加「クラウドセキュリティ設定診断サービス」(BBSec) | ScanNetSecurity
2021.01.27(水)

AzureとGCP 追加「クラウドセキュリティ設定診断サービス」(BBSec)

株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は8月5日、クラウドセキュリティに関するサービスメニューを拡充し「クラウドセキュリティ設定診断サービス」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は8月5日、クラウドセキュリティに関するサービスメニューを拡充し「クラウドセキュリティ設定診断サービス」の提供を開始すると発表した。

コロナ禍によるテレワークへのシフトが進む中、多くの企業や組織がパブリッククラウドへ移行しているが、サービスの特性や需要などから複数のクラウドサービス事業者のサービスを組み合わせて利用するケースが増えている。しかし、各クラウドサービスの評価指標となる世界標準のベンチマークは、チェック対象領域がサービスごとに異なっており、実際の事業で必要な領域の全てを包括的にカバーしていない。

同社の「クラウドセキュリティ設定診断サービス」では、従来提供していた Amazon Web Services向けのセキュリティ設定診断サービスに、新たに Microsoft Azure、Google Cloud Platform をラインナップに追加し、幅広い要件に対応する。同サービスでは、全てのクラウドサービスに対し、アカウント管理、ロギング、ネットワーク、ストレージ、データベースなどの設定について、同社独自に追加した共通項目を評価する点に大きな特長があり、各クラウド固有のセキュリティ設定基準に合致しているかの確認、クラウドサービス利用時のリスクの把握、対応の優先順位をつけやすくなる効果が得られる。

同サービスでは、担当者による手動診断に独自開発した自動診断ツールを組み合わせ、各クラウドサービスのベンチマーク指標に基づき、ベストプラクティスへの適合度を診断、リスク分析結果と対策を具体的に説明したレポートを提供する。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  2. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  3. 2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

    2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

  4. 日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

    日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

  5. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  6. 我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

    我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

  7. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

    Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  8. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  9. ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

    ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

  10. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

ランキングをもっと見る