Webサイトへ不正アクセス、国立劇場メルマガ5万件のアドレス流出(日本芸術文化振興会) | ScanNetSecurity
2020.09.19(土)

Webサイトへ不正アクセス、国立劇場メルマガ5万件のアドレス流出(日本芸術文化振興会)

独立行政法人日本芸術文化振興会は8月7日、同会が運営する日本芸術文化振興会Webサイトに対し外部からの不正アクセスがあり、国立劇場メールマガジン登録者のメールアドレス流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
独立行政法人日本芸術文化振興会は8月7日、同会が運営する日本芸術文化振興会Webサイトに対し外部からの不正アクセスがあり、国立劇場メールマガジン登録者のメールアドレス流出が判明したと発表した。

これは8月3日午後0時3分に、日本芸術文化振興会Webサイトの閲覧ができない状況を確認し、原因究明のため調査を行ったところ同日中に外部からの不正アクセスが判明、翌8月4日には国立劇場メールマガジン登録者のメールアドレスの流出が判明したというもの。

同会では不正アクセス判明後、同日中に不正アクセス元IPアドレスを特定し遮断するとともに、当該サイト内に格納しているメールアドレスをサイト外へ退避し、翌4日にメールマガジン新規登録を停止した。

流出したのは、国立劇場メールマガジン登録者のメールアドレスの内54,445件。

同会では8月7日に、対象のメールマガジン登録者に対し謝罪と案内のメールを送信するとともに、もし不審なメールが届いた場合は添付ファイルの開封や不審なURLへのアクセスを控えるよう注意を呼びかけている。

同会では今後、調査結果を踏まえてセキュリティ対策の強化を行い、再発防止を図るとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  2. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  3. TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

    TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

  4. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  5. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  6. 「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

    「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

  7. パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

    パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

  8. 開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

    開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

  9. LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

    LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

  10. PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュール

    PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュールPR

ランキングをもっと見る