新型コロナウイルス患者個人情報誤掲載、複合機でPDF化する際に誤って読み取り(神戸市) | ScanNetSecurity
2020.09.19(土)

新型コロナウイルス患者個人情報誤掲載、複合機でPDF化する際に誤って読み取り(神戸市)

兵庫県神戸市は9月2日、新型コロナウイルス感染症患者の個人情報を一時的にWebサイト上に誤掲載したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
兵庫県神戸市は9月2日、新型コロナウイルス感染症患者の個人情報を一時的にWebサイト上に誤掲載したことが判明したと発表した。

これは8月31日午後17時30分から9月1日午前12時までの間、同市のWebサイトにて患者1名分の個人情報を含む入院を勧告する文書を誤って掲載したというもので、9月1日午前12時に職員が気付き発覚した。同サイトに資料を掲載する際、PDFデータに変換するために複合機で読み取りを行った際、複合機に保存されていた入院を勧告する文書を誤って読み取り同サイトに掲載したことが原因。

誤掲載したのは、患者1名分の住所、氏名、入院すべき理由を含む入院を勧告する文書。なお、当該ページは発覚後に削除済みで、閲覧可能であった期間のアクセスは4件であった。

同市では当該患者に経緯を説明し、謝罪を行っている。

PDFは中高年ビジネスパーソンや自治体関係者がWebサイト掲載時等に多く採用されているが、その一方で伏せるべき情報が正しくマスキング出来ていなかった、プロパティに個人情報が残っていた等の問題が今までも発生している。

同市では再発防止策として、スキャナでデータを読み込む際のパスワード設定、スキャナから取り出した際の文書確認、Webサイト掲載時に改めて掲載内容の確認を行うよう周知徹底を行うとともに、今年度中を目途に複合機のスキャナを利用時に、職員証で登録し、当該職員のパソコンでデータを読み取れる方式に変更することで、データの取り違えを防止できるよう複合機の更新を進めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  2. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  3. TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

    TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

  4. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  5. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  6. 「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

    「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

  7. パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

    パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

  8. 開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

    開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

  9. LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

    LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

  10. PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュール

    PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュールPR

ランキングをもっと見る