二段階認証は資産関係でニーズが高いものの、2割は「面倒」(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

二段階認証は資産関係でニーズが高いものの、2割は「面倒」(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、「インターネットサービス利用者に対する 『認証方法』に関するアンケート調査結果報告書」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
SNSや総合サービスのアカウントを他のサービスにも利用している割合
SNSや総合サービスのアカウントを他のサービスにも利用している割合 全 4 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は9月9日、「インターネットサービス利用者に対する 『認証方法』に関するアンケート調査結果報告書」を公開した。同調査は2月28日~3月2日、インターネットサービス利用者(18~69歳)を対象にインターネットリサーチにより実施されたもの。回答者数は562名で、46問のアンケートとなっている。

調査結果によると、SNSや総合サービスのアカウントを使って、他のサービスに会員登録・ログインするサービスを利用しているのは、全体の59.4%を占めており、特に18歳~20代で77.5%、30代で73.0%と若い世代での利用が進んでいる。また、全体の34.3%、18歳~20代で49.5%がサービスに「ログインした状態にしておく」設定を利用していた。

パスワードの管理については、「自分で記憶している」が68.7%で最も多く、「パスワード管理用のソフトウェアを使っている」は6.0%にとどまった。一方で「ブラウザへパスワードを記憶させている」は78.0%(サービスによって変えるという回答も含む)と高い状況となった。なお、安全なパスワードの文字数は「8文字以下」が53.2%と、認識の低さが明らかになっている。

ワンタイムパスワードの普及率は高くなっているものの、「使用経験がない」20%、「ワンタイムパスワードが何かわからない」5%という回答もあり、心配な状況であるとしている。二段階認証へのニーズでは、「ネットバンキング」が59.1%、「クレジット会員サービス」が45.6%と、資産を扱うサービスで高い数値となった。一方で「二段階認証が面倒」という回答も22.8%あり、手順の改善が必要としている。

なお同協議会では、2019年2月にインターネットサービス提供者を対象に実施したアンケート調査と今回の調査から、。提供者側と利用者側の意識の違いについて確認、検討し、安全利用に向けた意見としてまとめ、発表する予定としている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

    チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

  2. ランサムウェア対策ポータルサイト開設

    ランサムウェア対策ポータルサイト開設

  3. 時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

    時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

  4. ライブサービス「LINE Face2Face」に不正アクセス、オンライン握手会動画が動画共有サイトへアップロード

    ライブサービス「LINE Face2Face」に不正アクセス、オンライン握手会動画が動画共有サイトへアップロード

  5. プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

    プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

  6. NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

    NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

  7. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  8. コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

    コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

  9. KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

    KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

  10. IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

    IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

ランキングをもっと見る