LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

LINE株式会社は9月12日、LINEアカウントへの不正アクセスに対する注意喚起を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 6 枚 拡大写真
LINE株式会社は9月12日、LINEアカウントへの不正アクセスに対する注意喚起を発表した。

これは7月から9月にかけてLINEアカウントに対して複数の不正ログイン試行が発生し約7万4千のアカウントについて有効なID・パスワードの組み合わせが検証されるという事象を検知したため、利用者への注意喚起を目的に同社での調査と対応状況を説明したもの。

同社によると、不正ログイン被害を受けたユーザー数の合計は73,978件で、国家・地域別の内訳は、日本41,204件、台湾28,021件、タイ139件、インドネシア10件、他の国家・地域4,604件となっている。なお、現時点で対象のLINEアカウントを用いた具体的な悪用は確認されていない。

同社では、今回検知した事象では、何らかの方法により有効なIDとパスワードを取得した攻撃者が、その有効性を確認する目的でLINEが提供する特定サービスへログインを試みたものと推定している。

同社では、LINEアカウントを利用してログイン可能なサービスのうち二段階認証が適用されていないサービスを対象に見直しを行い順次適用するとともに、2020年7月から9月の不正ログイン試行から現在までの期間、パスワード変更が確認できなかったユーザーを対象に9月12日から順次、LINE公式アカウントを通じパスワードのリセットと再設定を依頼するメッセージを送信した。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る