CrowdStrike Blog:現在のサイバーセキュリティのその先へ Fal.Con 2020 | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

CrowdStrike Blog:現在のサイバーセキュリティのその先へ Fal.Con 2020

Fal.Con 2020は年1回開催する、クラウドストライク のコーポレートイベントです。2020年10月15日に開催(米国時間、日本では10月27日14時半より開催)する、第4回 CrowdStrike Cybersecurity Conferenceについて共有したいと思います。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
Fal.Con 2020
Fal.Con 2020 全 1 枚 拡大写真
 Fal.Con 2020は年1回開催する、クラウドストライク のコーポレートイベントです。2020年10月15日に開催(米国時間、日本では10月27日14時半より開催)する、第4回 CrowdStrikeCybersecurity Conferenceについて共有したいと思います。

 Fal.Con 2020は、サイバーセキュリティとデジタルトランスフォーメーションに関するセッションを繰り広げる、トップマネジメントが登場する一般セッション、ニーズに合わせた5つのトラック、50以上のラーニングセッションなどを、バーチャル環境において素晴らしい体験としてお届けするために一から考え抜いた方法で提供します。そして皆様に興味を持っていただける様、革新的なアイデア、驚くべきエンターテインメントと見事な視覚効果を用いる予定です。私たちは、仮想イベントの基準を引き上げ、過去の対面式のFal.Conライブイベントの参加者が今年も期待して、切望していただける様な画期的な体験の提供を目指しています。

Fal.Con 2020 一般セッション(日本語での提供実施)

 先端のサイバーセキュリティにおけるオピニオンリーダー、専門家、先駆者、そしてF1レーシングチャンピオンのルイス・ハミルトンやその他の特別ゲストが登場します。サイバーセキュリティの業界の現状について理解し、将来の展望について情報を得る機会をお届けいたします。

 私たちは、ライブでイベントを配信いたしますが、その進行においては、ABCニュースのチーフであり、ビジネス、経済学、テクノロジー担当のレベッカ・ジャービス、KTLA 5ロサンゼルスのキャスター、クリス・ショイブレが登場します。世界で絶賛されているマジシャン、マット・フランコが、イベントの中でちょっとした楽しい時間を提供します。

 一般セッションのハイライトをご紹介します。

キーノート:「世界は変化している~セキュリティとその先へ」CrowdStrikeの社長兼CEO、共同創設者であるGeorge Kurtzと、CrowdStrike最高技術責任者Mike Sentonas、そしてゲストを迎えてのセッション

CEOパネルセッション:Zoom、Slack、CrowdStrikeのCEOによる「Work From Anywhere~どこからでも仕事を行う」この様な経済で生き残り、そして成功する方法」について

注目のお客様:メルセデスAMGペトロナスフォーミュラワンチーム、アマゾンウェブサービス、EY、ホームデポ、ニューヨーク市などのソートリーダーやエグゼクティブを含む注目のお客様が登場

新製品紹介:CrowdStrike最高製品責任者Amol Kulkarniによる新製品の発表

攻撃者グループ最新動向:CrowdStrikeインテリジェンス シニア・バイスプレジデントAdam Meyersによる攻撃者グループ最新動向

『選挙の保護』パネルセッション :CrowdStrike Services社長であり、CSOのShawn Henry、元Europol Cyber最高責任者、Robert Wainwright卿によるパネルセッション

ワークショップ:CrowdStrikeFalconプラットフォームを最大限に活用するためのライブワークショップ

・エンターテインメントとインタラクティブなハンズオンゲーム

CEO パネルセッション:CrowdStrike CEO George Kurtz、Zoom CEO Eric Yuan、Slack CEO Stewart Butterfield

メルセデスAMGペトロナスフォーミュラワンチーム:Lewis Hamilton、Toto Wolff、Rob Thomas

企業登壇: EY、AWS、ホームデポ


Fal.Con 2020 Learning Sessions(英語のみ)

 Fal.Con 2020教育プログラムは、すべてのサイバーセキュリティ専門家に貴重な知識を提供します。Falconプラットフォームの習得が目的のCrowdStrikeのお客様向け、最新情報を求めているセキュリティの専門家向け、組織を次のレベルに導く準備を進めたいエグゼクティブの方向けなど、Fal.Con 2020にはコンテンツとトレーニングが用意されています。以下のトラックからセッションを選択可能です:

・セキュリティ戦略、アーキテクチャ、運用
・研究と脅威インテリジェンス
・脅威ハンティングとインシデント対応
・IT運用
・クラウド、コンテナ、データセンターのセキュリティ

 CrowdStrike Falconプラットフォームを実際に体験する、インタラクティブなワークショップに参加する、CrowdStrikeのエキスパートによる製品デモを見ることなどができます。さらにFalconを使用した実践的なコンテストで、楽しみながらセキュリティの知識をリアルタイムでチェックし、賞品やCrowdStrikeのグッズを獲得するチャンスもあります。

Falcon Platformトレーニング (英語のみ)

Falcon Hunter、Responder、Administratorを含むCrowdStrike Certified Professionalとなる機会です。CrowdStrike Universityでは、Fal.Con 2020の事前(10月5~9日と13~14日)と事後(10月16日と19~23日)に、半日および1日の技術トレーニングセッションを提供します。トレーニングオプションは、北米、EMEA(CEST)、APAC(AESTおよびIST)の参加者に対応するために、いくつかのタイムゾーンで利用できるように設定されています。座席数はコースごとに15に制限されていますので、すぐに登録して席を確保し、必要なスキルの習得に役立ててください。

FHT 200: Falcon Platform for Administrators (Full Day)
FHT 201: Intermediate Falcon Platform for Responders (Full Day)※
FHT 202: Intermediate Falcon Platform for Hunters (Full Day)※
FHT 240: Investigating and Mitigating Threats with Falcon InsightTM Real Time Response (Full Day)
CST 205: Leveraging AutoMacTC for macOS Incident Response at Scale (Half Day)

※要事前登録。詳細は登録ページを御確認ください

Fal.Con 2020 Executive Experience(英語のみ)

 リーダーの皆様には、一般セッションに続き、招待制のフォーラムセッションも提供いたします。意思決定者の皆様が、困難な時代に直面している現在の、最も重要な問題について語ります。

エグゼクティブインテリジェンスブリーフィング:サイバーセキュリティの現状 - 現在の脅威の現状と、今日の攻撃者グループの先を行くために、インテリジェンス、国家主導の脅威、およびeCrime(サイバー犯罪)の最新トレンドについてご紹介します

State of Security Panel:Amazon、EYのイノベーションを活用して情報に基づいた意思決定を行う方法 - 2つのグローバルな強大企業が強力で弾力性のあるセキュリティ戦略を構築した方法を伺います

メルセデスAMGとCrowdStrike:「方向転換の成功:困難な時代に勝利の文化を築く」 - F1レースチャンピオンのルイス・ハミルトン、メルセデスAMGペトロナスF1チームのCEOであるトト・ウォルフ、CrowdStrike CEOでGT3のレースドライバーでもあるジョージ・カーツ、国際的なスポーツ放送局Danny Hornigoldによる、COVID後の時代におけるワールドクラスチームの構築と維持について活発に話し合います

開催日時と参加方法

 まだFal.Conにご登録されていない皆様、ご登録は無料です。世界中から参加者が集う、この見逃せない毎年恒例のイベントに参加することをぜひご検討ください。皆様のご登録、ご参加をお待ちしております。

一般セッション
North America: October 15, 9:00 a.m. ~ 11:45 a.m. PDT
EMEA: October 16, 9:00 a.m. ~ 11:45 a.m. BST
APAC: October 16, 2:00 p.m. ~ 4:45 p.m. AEDT
日本: 10月27日(火) 午後2:30 ~ 5:00

Learning Sessions
North America: October 15, 12:00 p.m. PDT
EMEA: October 16, 12:00 p.m. BST
APAC: October 16, 5:00 p.m. AEDT

Executive Experience
North America: October 15, 12:00 p.m. ~ 2:00 p.m. PDT (招待制)
EMEA: October 16, 12:00 p.m. BST
APAC: October 16, 5:00 p.m. AEDT

追加のリソース
Fal.Con 2020へのご登録

Fal.Con 2020 ウェブサイト

・製品についてはCrowdStrike Falcon プラットフォームウェブページ

CrowdStrike Falcon Preventの無料トライアル 次世代アンチウイルスが今日の洗練された脅威に対抗します

*原文はCrowdStrike Blog サイト掲載 :https://www.crowdstrike.com/blog/go-beyond-todays-cybersecurity-at-fal-con-2020/

《Michael Busselen (CrowdStrike)》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

    三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

  2. 「これまでPPAP推奨したことはない」旨をプライバシーマークのJIPDECが明言

    「これまでPPAP推奨したことはない」旨をプライバシーマークのJIPDECが明言

  3. 最もよく使われているパスワード、「ポケモン」「NARUTO」「遊戯王」ランクイン

    最もよく使われているパスワード、「ポケモン」「NARUTO」「遊戯王」ランクイン

  4. 「Peatix」に不正アクセス、最大677万件のユーザー情報流出

    「Peatix」に不正アクセス、最大677万件のユーザー情報流出

  5. カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

    カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

  6. 「Disney+」「GitHub」「Imperva」「Tesla」「Zoom」他 9つのセキュリティ侵害分析レポート

    「Disney+」「GitHub」「Imperva」「Tesla」「Zoom」他 9つのセキュリティ侵害分析レポート

  7. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  8. 「ふくいナビ」クラウドの全データ消失、NECキャピタルソリューション社内手続ミスが原因

    「ふくいナビ」クラウドの全データ消失、NECキャピタルソリューション社内手続ミスが原因

  9. 保険代理店業務受託会社の顧客管理システムへ不正アクセス

    保険代理店業務受託会社の顧客管理システムへ不正アクセス

  10. 「お前らの登録情報を頂戴したナリ」衆議院議員のメルマガサーバに不正アクセスし脅迫メール送信

    「お前らの登録情報を頂戴したナリ」衆議院議員のメルマガサーバに不正アクセスし脅迫メール送信

ランキングをもっと見る