2019年国内IoTセキュリティ市場836億円、2020年前半はコロナ影響(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

2019年国内IoTセキュリティ市場836億円、2020年前半はコロナ影響(IDC Japan)

IDC Japan株式会社は10月8日、国内IoTセキュリティ市場2019年の実績と2020年から2024年の予測アップデートを発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
国内IoTセキュリティ製品市場予測:2019年~2024年
国内IoTセキュリティ製品市場予測:2019年~2024年 全 1 枚 拡大写真
IDC Japan株式会社は10月8日、国内IoTセキュリティ市場2019年の実績と2020年から2024年の予測アップデートを発表した。

同社よると国内IoTセキュリティ製品市場の前年比成長率は、2019年の14.7%から2020年はマイナス5.4%に落ち込むと予測、国内IoTセキュリティ製品市場の2019年から2024年の年間平均成長率は3.6%で、売上額ベースの市場規模は2019年の836億5,900万円から2024年には997億4,000万円になると予測している。

2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による景況感の減速で、IoTシステムの市場はIoTデバイスの部材レベルでの影響や新規ビジネスへの影響で2020年前半に大きく落ち込むと予測され、IoTセキュリティ製品市場においても同様の影響があるとみている。

企業の生産活動と個人消費は低迷を続けるが、延期となった東京2020オリンピック・パラリンピック開催と政府の景気刺激策に下支えされ2021年に経済成長率がプラスに転じ、経済活動がCOVID-19感染以前の水準に回復するのは2022年以降になると同社ではみている。2021年以降は国内経済状況は次第に回復し、国内IoTセキュリティ製品市場の前年比成長率は2020年のマイナス5.4%から2021年3.9%、2022年7.8%と回復すると予測している。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop