「IIJ Firewall Management Service」にPalo Alto Networks社製品追加、タイとインドネシアで展開 | ScanNetSecurity
2021.01.21(木)

「IIJ Firewall Management Service」にPalo Alto Networks社製品追加、タイとインドネシアで展開

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月24日、ASEAN地域で展開するファイアウォールの運用監視アウトソースサービス「IIJ Firewall Management Service」に、Palo Alto Networks社のファイアウォール製品の運用監視サービスを追加し同日より提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月24日、ASEAN地域で展開するファイアウォールの運用監視アウトソースサービス「IIJ Firewall Management Service」に、Palo Alto Networks社のファイアウォール製品の運用監視サービスを追加し同日より提供開始すると発表した。

IIJグループのタイ、インドネシアの海外現地法人はPalo Alto Networks社とマネージドセキュリティサービスプロバイダ(MSSP)のパートナー契約を締結、両国の日系企業を中心にサービス展開する。今回のパートナー契約締結で、監視対象機器にPalo Alto PA SeriesとPalo Alto VM-Seriesが追加となった。

「IIJ Firewall Management Service」は、顧客の社内に設置したファイアウォール機器をIIJ社がリモートで運用管理する月額サービスで、機器の導入から運用設計・監視、通信の異常検知、保守までをセキュリティ専門エンジニアが一貫して対応。ファイアウォール機器は、最新のファームウェアへの更新や、ネットワーク構成の変更に伴う設定変更、ポリシー変更など日々の運用が重要で、同サービスでは顧客に代わり現地エンジニアが機器を運用、日系企業の顧客は、国内の本社が推奨するセキュリティの運用と監視レベルを海外の拠点でも同等に維持できる。

同サービスは、IIJ、タイおよびインドネシア現地法人で販売し価格は個別見積。現地でのサービス運用は、IIJ本社で教育を受けた現地に常駐するセキュリティ専門エンジニアが、Palo Alto Networks社の認定技術者資格を取得し運用を行う。

IIJでは、タイおよびインドネシアで大規模な工場や支店を展開する日系の製造業や流通小売業、金融業を中心に、2年で100社の導入を目指す。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る