6つのインシデント事例から考えるクラウドのセキュリティ対策、追加開催決定(SHIFT SECURITY) | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

6つのインシデント事例から考えるクラウドのセキュリティ対策、追加開催決定(SHIFT SECURITY)

株式会社SHIFT SECURITYは12月10日、オンラインセミナー「クラウドのセキュリティで知っておくべきリスクと対策について」をライブ放送で開催する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
PR
インシデント事例:脆弱なアカウント(講演資料)
インシデント事例:脆弱なアカウント(講演資料) 全 1 枚 拡大写真
 株式会社SHIFT SECURITYは12月9日(水)、オンラインセミナー「クラウドのセキュリティで知っておくべきリスクと対策について」をライブ放送で開催する。

 これは10月に開催された総合セキュリティカンファレンス Security Days Fall 2020で行われた同社による講演「クラウドのセキュリティで知っておくべきリスクと対策について」を追加開催するもの。

 同講演は50名の募集枠に対して783名の応募があり、その後公開した講演資料も想定外のダウンロード数となり、問い合わせや質問を複数寄せられたため、追加開催を決定した。

 講演では「EC2インスタンスが暗号資産マイニングに悪用された事案」「S3バケットの権限設定誤りによる日系企業海外法人の情報漏えい事案」「RDSへの不正アクセスで全データが暗号化されたランサムウェア事案」「GitHubリポジトリにあったアクセスキーを悪用され大量のインスタンスが構築された事案」などの、実際に発生した6つのインシデント事例を分析し、発生原因と被害、そして事故を発生させないベストプラクティスを紹介し、クラウドとオンプレミスの本質的違いを考察する。

 事前に資料のダウンロードを行い予習して、当日講師に直接質問を行うことも可能。オンラインだが定員があるため申込は先着順。

日時:2020年12月9日(水) 18時-19時
定員:100名
場所:Zoomオンライン
登壇:株式会社SHIFT SECURITY 野崎太一氏
申込:Webフォームから

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーにランサムウェア攻撃、複数のサーバと PC が暗号化被害

    イセトーにランサムウェア攻撃、複数のサーバと PC が暗号化被害

  2. 失業後データ盗み大手 IT 企業を恐喝、セキュリティコンサルタント 57 歳起訴

    失業後データ盗み大手 IT 企業を恐喝、セキュリティコンサルタント 57 歳起訴

  3. 6日後 警察署から「見つかった」~ 日刊工業新聞社のノートパソコンとスマートフォンが盗難被害

    6日後 警察署から「見つかった」~ 日刊工業新聞社のノートパソコンとスマートフォンが盗難被害

  4. 不正アクセス 盗まれたのは公式サイトのドメイン

    不正アクセス 盗まれたのは公式サイトのドメイン

  5. デジタル庁「テキスト生成 AI 利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」公開

    デジタル庁「テキスト生成 AI 利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」公開

  6. 「タリーズ オンラインストア」への不正アクセス、イオン銀行ではカードの不正利用早期に発見体制を整備

    「タリーズ オンラインストア」への不正アクセス、イオン銀行ではカードの不正利用早期に発見体制を整備

  7. 公開範囲「パブリック」で生徒の個人情報アップロード、都立高校教諭が Microsoft Teams に

    公開範囲「パブリック」で生徒の個人情報アップロード、都立高校教諭が Microsoft Teams に

  8. 山口県信用保証協会のメールアカウントを不正利用、迷惑メール大量送信確認

    山口県信用保証協会のメールアカウントを不正利用、迷惑メール大量送信確認

  9. PR会社が利用するクラウドストレージに不正アクセス、PDFや画像など静的データ削除

    PR会社が利用するクラウドストレージに不正アクセス、PDFや画像など静的データ削除

  10. CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASM

    CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASMPR

ランキングをもっと見る