マイクロソフトが2月のセキュリティ情報公開、2020年8月公表の脆弱性に対応 | ScanNetSecurity
2021.03.08(月)

マイクロソフトが2月のセキュリティ情報公開、2020年8月公表の脆弱性に対応

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月10日、「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2021年2月)」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月10日、「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2021年2月)」を発表した。一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も「2021年2月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」を発表している。これは、マイクロソフトが2021年2月度のセキュリティ更新プログラムを公開したことを受けたもの。

対象となるソフトウェアは次の通り。

.NET Core
.NET Framework
Azure IoT
Developer Tools
Microsoft Azure Kubernetes Service
Microsoft Dynamics
Microsoft Edge for Android
Microsoft Exchange Server
Microsoft Graphics Component
Microsoft Office Excel
Microsoft Office SharePoint
Microsoft Windows Codecs Library
Role: DNS Server
Role: Hyper-V
Role: Windows Fax Service
Skype for Business
SysInternals
System Center
Visual Studio
Windows Address Book
Windows Backup Engine
Windows Console Driver
Windows Defender
Windows DirectX
Windows Event Tracing
Windows Installer
Windows Kernel
Windows Mobile Device Management
Windows Network File System
Windows PFX Encryption
Windows PKU2U
Windows PowerShell
Windows Print Spooler Components
Windows Remote Procedure Call
Windows TCP/IP
Windows Trust Verification API

これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生する可能性がある。この内、2020年8月に公開されたNetlogonの特権の昇格の脆弱性(CVE-2020-1472)について、Windowsドメインコントローラーに今月の更新プログラムを適用することで強制モードが有効となる。当該脆弱性は既に攻撃に悪用されているため、速やかに対策実施の検討を推奨している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  2. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  3. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  6. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  7. 日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

    日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

  8. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  9. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  10. VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

    VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

ランキングをもっと見る